夏の家族旅行~木曽水系



家族で1泊の旅行に出掛けてきました。


まずは岐阜にある金属加工の街の、
どうしても見ておきたかったキッチンのショールームへ行ってまいりました。
朝出発して以来子どもたちにはすっかり付き合ってもらったことになり、
夕方も近づく頃ではあったのですが、
埋め合わせに木曽川水系のビオトープで移動時間までの時間を過ごしました。


水辺の散歩・・とのつもりだったのですが、そこは子ども、
すっかり水の中で楽しむこととなりましたが^^;


里山の様子が移築されたどこか懐かしい風景。
青々とした稲が並ぶ水田の横には茅葺の農家までありました。



d0107204_16251192.jpg




その前に広がる河原は大きく丸い石が素足に気持ちよく・・・
子どもたちだけなくしばらくおとなも一緒になって川遊びを楽しみました。




d0107204_14553615.jpgd0107204_14551097.jpg
d0107204_14561756.jpgd0107204_14552065.jpg





川辺には夏の小さな野の花が涼やかに咲いていて、
そこには季節はずれの蝶々まで訪れていました。




d0107204_151748.jpgd0107204_1526610.jpg

d0107204_1544346.jpgd0107204_15441820.jpg






里山のゾーンを抜け出すと噴水の散策ゾーンから遊具のエリアへ繋がっていて、
それはもう子ども心をくすぐる水のテーマパークでした^^


d0107204_15313544.jpgd0107204_15314978.jpg




案の定?ちょっとゆったりめの次女はしばらく目を離した隙に、
水浸し&泥んこの半べそで帰ってきました。
ここまで楽しんで(?)くれると本望かな。(笑)


そうして時計の針に少々負われることとなり、水族館や観覧車に後ろ髪を引かれながら、
本日宿泊場所の京都へとこちらを後にいたしました。



「暑い」ということを覚悟して夏の京都に入りましたが、
その暑さは想像以上でした!

おまけに京都といえば大人の街。
小さな子どもを連れてどこまで楽しめるのか・・・
行く先をあまり正確に決めず、ここは臨機応変に臨まなければ。

そのつもりで夜の京都に入ったものの、まずはのお夕飯の場所選びで
イヤというほどこのことを思い知らされました。


せっかくだから「おばんざい」の美味しいお店に行きたいナ。
十分に京都事情を知らない私の思いつきリクエスト、
子連れだし、もっと手軽なところへと言う夫の言っている意味が???
お目当てのお店の前まで来て初めて気付くのでした^^;

「小学生未満のお子さまお断り」

・・・ガ~ン・・・


大体、美味しいお酒を飲みながら女将さんにお願いするのがおばんざい。
そもそも行きたいと決めたらまずは電話で確認してほしいなぁ。

夫からのお説教。

し、知らなかったんですもの・・・(涙)
そうよね、宿泊先以外は行き当たりばったりと決めていた子連れ旅行だけれど、
こういうところは決めた時分でいいから前もってお電話しておくべきでした><
反省ひとしきりです。


そうして宿泊先にチェックインしてからフロントの方にお聞きしてお夕飯を済ませることに。


宿泊先は京都御所に程近いホテル。
子どももいただけるおばんざい屋さんを紹介していただきました。


どうやら観光客相手ではないお店。
町屋を改装した風情のある建物ながら、
外国人の方々が半分以上のアットホームなお店でした。
美しいおばんざいもおいしくいただきましたよ。
夫はお酒も入り、今日一日の疲れが取れたいいお夕飯になりました。
ひとまずホッ^^

翌日の歩きの京都へとスタミナを蓄えたのでした。


[PR]
by luxeliving | 2009-08-24 16:00 | おでかけ
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp