お茶の時間


集まった急須の数々。
お茶好きが高じての数です。
骨董でもなんでもない急須たちですが、どれも心を掴んで離さなかったから我が食器棚に佇んでいるもの。

シンプルで線の太いティーマのポット、母から譲ってもらった砥部焼の素朴なポット。
白と灰が美しい花岡さんのポットに、細かなイメージを伝え作っていただいた村上躍さんの黒。

節目の年に旅した無量塔でご縁のあった城さんの鉄絵のポット
ドゥーセーのアウトレットに残っていた使いやすくシンプルな急須。
弟の結婚式の引き出物、南部鉄器の急須。
アローズの雑貨コーナーにセレクトされていた鳥獣戯画の急須。



d0107204_22221824.jpg




紅茶はその時々で選んで飲むのが好き。
雨の日にはさっぱりとストレート、肌寒い日には濃いミルクティー、美味しい洋菓子とフレーバードティ、など。
だけど焙じ茶はこれでなくちゃと決めているお茶。
今日はどのポットで?というのがこのお茶に合わせる楽しみでもあるかナ。


春へ歩を進めたような陽気に、庭のマンサクも背伸びを始め、線香花火のような愛らしい姿を見せています。
最近の楽しみは玉川堂の銅のやかんで沸かすお茶。
月兎の知らせる「湧きました!」のサインも素朴ないい音なんですが、
銅のやかんがOK!と教えてくれるシュンシュンと湯の沸く音、淹れる前から本当に美味しそう^^


この日はデメルのショコラを独り占めで・・・いただきます!
[PR]
by luxeliving | 2013-02-18 00:00 | my favorite・・・
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp