matureな女たち


そう。確かに、素敵な男性と街ですれ違うことよりも、
どこか輝くオーラを纏っている女性との出会いのほうが
日常を豊かにしてくれる・・・そんな円熟の世代に差し掛かってきたんだナ。

日々出会う等身大の女性たちとの出会いに、刺激も安心も発見も見い出しつつ綴られる雨宮塔子さんの本。
パリへの憧れと一緒に、記憶に眠る切なさもキュッと掴まれる「今」を感じる本でした。


d0107204_19452074.jpg



お裾分けに預かったお菓子がきっかけで、
美味しいモノさがしの話へと発展したパールネックレスが似合う素敵な女性。
箱買いの分け分けを入れてもらった紙袋から、
センスのよいセレクトショップを教えてもらうことへと繋がって
マットな春のパンプスとの出会いにもなりました。


新しい住所を知らせるお葉書が、素敵な作家さんとの出会いにも繋がって
新しいお醤油差しが我が家に増えることに。
お祝いの気持ちが小さな形に出来たら、と決めたお醤油差し。
錫の蓋が器を印象も質量も微妙なバランスで引き締めていて、その姿をとっても味のあるものにしています。
我が家に白地のお醤油差し、お祝いには黒地のお醤油差しということに致しました。
黒は白よりも少し印象がモダンにカッコ良くなって、こちらもまた素敵な姿です。
友人の、こだわりの詰まった新しいお家にも似合うといいな。



GWに初めて足を運んだ湯布院地区からは少し離れた塚原高原。
「匙屋」と可愛らしい看板のあるお匙屋さんの工房があります。
素朴ながら丁寧で愛らしい工房は、きっと作り手さんの印象そのままなんだナ。
ご主人はジョギングに出かけているからと、奥様に工房を案内していただいたのですが、
あいにくお目当ての菓子切りが品切れで、後ほど送っていただくことにして工房を後にしました。
あれから3週間。
小さな箱に入って菓子切りが届きました。


和菓子屋さんのシューウインドウを覗くのも楽しく、季節の銘とその姿にずいぶん迷ったのですが、
「鉄線」と「風薫る」を。

風薫る。すごくいい名前!
窓から入る爽やかな風を冷茶と一緒にいただきました。
[PR]
by luxeliving | 2014-05-28 00:00 | ある日
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp