カテゴリ:ある日( 151 )
不惑。



夏休みが終わり、仕事も落ち着いてきたのでお休みを取って友人のお宅へ遊びに行って来ました。
ちょっと遅くなったけど、ベルガモットの香りたっぷり、シンガポールの紅茶屋さんで選んだアールグレイを持って。
そこに里帰りのお土産も少しだけプラス。


d0107204_17252965.jpg



上の娘が中学へ進学して4ヵ月。すこ~し子育ての負担が軽くなった気がします。
オトナ目線の長女の一言がきつ~く感じられる時もあり、
女同士、というところに段々なってきたなぁ、なんて思う時もアリ。

環境が変わってくると自分自身のあり方も考え方も変化するもの。
お弁当は毎日娘のものが必要になりましたが、そんなお弁当一つとっても、
「子どものため」ではなく「自分のため」にお弁当を作る機会も。
私のための時間、私自身の幸せ、私の人生・・・そこには家族に健康と幸せがあってこそですけど。
友人にはそんなちいさな日々の機微もたくさん聞いてもらいました。


このところの残暑に少々夏バテ気味。
マイブームは酸っぱいもの。
梅干しを混ぜ込んだ生姜煮のそぼろ入りおむすび、ナスときゅうりの酢の物、酢豚を詰め込んでみました。
[PR]
by luxeliving | 2016-09-19 00:00 | ある日
蝉の声に誘われて

梅雨明けはまだ。
雨の日が続きますが、ある晴れた日を境に林の中からセミの鳴き声が聞こえ始めました。
夕刻になると蜩(ひぐらし)の声。
首のあたりからねっとりと包む汗と蝉の声に誘われて借りてみたのが「この国の空」という映画。
手に取ったのは、好きな俳優さんたちが名前を連ねてるというのもあったかな、
原作が芥川賞作家のとても綺麗で静謐な文章の本というのもあったかな。

ねっとりとした時代と季節の中に普通の暮らしがあって、
普通の人間の普通の感情の中にねっとりとしたものもあって、
決して爽やかには終わらなかったけれど、
茨木のり子さんの「わたしが一番きれいだったとき」の詩は、少女の健康的で真っ直ぐな瑞々しさそのもので。
本格的な夏を前にすると、この時代のことに立ち止まる時間がなくちゃ、と思います。



d0107204_22491817.jpg




人生を前向きに。面白く。愉快に。
借りるTSUTAYAの袋にはそんな映画を1枚くらい持って帰りたい。
ベン・スティラーの「LIFE!/ライフ
もうずいぶん前に借りて観た映画ですが、あれ以来私の中での最高の映画。
おススメです☆
[PR]
by luxeliving | 2016-07-12 00:00 | ある日
春ulalaのfavorite



お正月の記録を記して以来のご無沙汰。
日々いろいろとありますが、喜んだり怒ったりと、周囲に翻弄されつつも一生懸命の毎日。

浅い春の頃は頂き物のお花も多い季節。
どのアレンジにもいろんな景色が詰まっていて、これはあの人が選んでくれた、これはあの方から・・・。
リビングも気持ちもやっぱり華やぎますよね。
春が深まる今日この頃、中庭のシンボルツリーもめいいっぱい若い緑を広げ始めました。



d0107204_20502143.jpg




長いGWのお休み、もちろん里への旅も楽しみつつ、冬の間サボりがちだったお庭を手入れする日ももちろんあり。
山里の雑木林をイメージして作ったお庭なので、広げる花は白が多いのですが、そこかしこにいろんな白が咲き始めています。



最近のmy favoriteを少し。
Exhaleの透明感にこだわったストッキング。
トウにマチのないタイプにこだわっていた頃愛用していたタイプを立て続けに破ってしまって、
以来このExhaleに替え、続けて購入しています。
売り場の方に悩みを打ち明けると「ワンサイズ大きめをおススメします。」とのこと。
確かにほんのわずかな決意ですが、最初は意外に勇気がいるものなんですよね、これ^^


それからもうひとつはお弁当。
わっぱは数年前購入した小判型からヒナ型に買い換えてみました。
職場のレンジにお世話にならなきゃという季節はもちろん控え選手なんですけどね。
お友達とお弁当を囲む日は2段、という感じの量も結構好きなんです。
[PR]
by luxeliving | 2016-05-10 00:00 | ある日
手で作るもの



インド製のものには人の手で丁寧に作られているものがまだまだたくさん。
好きだな、と手に取るとインド製のものということも多いのですが、
今年ツリーに加えたものもインドのもの。
なんと紙製!のオーナメントなのですが、ベネチアグラスにもよく合います。
12月のカレンダーを捲る前の休日、娘たちとツリーを出しました。


d0107204_1851294.jpg



この季節、お友達といろいろとクリスマスのことが話題になります。
それぞれの家族のそれぞれの過ごし方があってとても面白い^^
[PR]
by luxeliving | 2015-12-05 00:00 | ある日
冬の始まり



温かな日もありますが、家でも職場でももちろんヒーターが手放せなくなって
薄手のコートからいつ厚手に替えようかな、というところ。
冬が始まりました。


d0107204_20572288.jpg



最近お気に入りのミルクたっぷり紅茶、のようなネイルカラー。
アディクションでのお買い物です。
[PR]
by luxeliving | 2015-12-01 00:00 | ある日
ホトトギスのそばかす

今月の茶道のお稽古にはお庭でひと際紅く染まったドウダンツツジを持って行きました。
先生持参の秋明菊と杜鵑草(ホトトギス)と合わせて、ちょっと華やかな秋です。

ピックアップしたお菓子は山姫(アケビ)。
薄紫の綺麗なお菓子でしたが、アケビなんて子どものころの薄い記憶にあるくらい。
しばらく見ていないなぁ。


d0107204_2237232.jpg



お友達に頂いた柿はメイプルシロップと練りごまを和えたソースに絡めていただきました。
お気に入りのお菓子の本には「利休楓」というネーミングで載っていた柿のレシピ。
ちょっとお茶にご縁を感じて。


d0107204_2253537.jpg



お茶の先生をしている友人へ、お稽古の余韻とお花のコラボレーションのしるしに
その風景をひとコマ切り取りプレゼント。
我が家にも同じものが届いた日、彼女からも「惚れ直したよ~!」なんてメールが届きました。


杜鵑草の小さなそばかすは、気忙しい日常のちょっとした癒し。
癒しをいただいた感謝を小さな形に出来たのが、私にも嬉しかったりするんです。
[PR]
by luxeliving | 2015-10-30 00:00 | ある日
向夏のお茶会


何もかもが手探りで準備をした同好会のお茶会、無事に終えることが出来ました。
目的は、浅いながらお稽古の成果発表の場となることと、
お客様には夏休みに入ったばかりの子どもたちも加え、普段触れることのない畳の上での正装のお茶会です。

皆さん、礼儀作法に興味があって、とか、お着物を着る機会になれば、とか、季節のお菓子を楽しく頂きたい、とか
目的はそれぞれながら意欲をもって入会されたお母さまばかり。
夏のお茶会とあって、浴衣で参加をされる方も多くみられました。


私はお点前をすることもあって、紗の着物を着ることに。
久しぶりに和箪笥を開きましたが、夏の着物を出すのは14年前の「結納」以来!
海の見える老舗の料亭を選んで臨んだ結納のお式も暑中の折。
こんなことでもなくちゃ風も通せないなら、別の意味でもいい機会になったお茶会です。



d0107204_18532238.jpg



娘は浴衣を着てちいさなお運びさんの仲間入りをしました。
「どうぞ」とお茶を差し上げる所作、ちょっとだけ前の夜お家で練習をしました。
あまり細やかな指導にならないようにね、と先生には釘を刺されていましたので(笑)
ざっくりと伝えたお運びの要領、子どもの頭はやっぱり柔らかいのか、
ちいさなお運びさんたちは皆さん揃って上手に、そして心込めてお茶を差し上げることが出来ていました。


お菓子は特別に作っていただいた朝顔。
子どもたちにも分かりやすいお馴染の夏の花。
でもよ~く見るとちゃんと朝露が艶やかに、そして涼やかにのっていますよね。


お茶席に入る待合では、子どもたちには先生から、和のマナーや夏の季節を
目や耳で触れ楽しみ「お茶」に親しんでもらおうとお話をしてもらい席入りしてもらいました。
水屋では、私たちが普段「お稽古」していることを、「どうぞ」との気持ちで皆さんに楽しんでいただこうと準備。
準備やお運びなどには子どもたちにも参加をしてもらい、普段触れることのない畳の上での作法と、
お菓子やお茶を差し上げ喜んでいただく楽しさを学んでくれたことと思います。


私たち母親が考えていた以上に子どもたちの「茶道」に対する興味と真剣さが伝わってきたお茶会となりました。
第1回ということで、段取りも手探りとなったお茶会ではありましたが、ひとりひとりの役割分担もスムーズで、
何より参加してくれた子どもたちがその新鮮さに目を輝かせてくれたことが一番の収穫。


またこのような機会でお稽古の成果を発表し、子どもたちとの触れ合いや話題作りにもなればと、役員一同が感じた、
疲れも爽やかな夏の一日の出来事です。
[PR]
by luxeliving | 2015-07-28 19:17 | ある日
宴の余韻



夫が出張で不在の週末、偶然にも長女の登校日も重なり、次女とふたりの休日に
いつもの女子会メンバーをお招きしました。


普段も夜のお酒の会が多いメンバー。
シャンパンにチーズにオードブルに、とたくさん美味しいものを持参してくれました。


d0107204_1822018.jpg



さすがみんな飲み慣れていて(笑)お昼から美味しいパンと一緒にイワシの缶詰に串揚げに、と
お酒のお伴メニューもバッチリです^^
ようやく日も暮れる頃になって酔い覚まし。傾いた陽射しがふんわり宴の余韻を包んでくれました。



さて、ウイークデイに気持ちを切り替えて・・・
今日のとても嬉しかったこと。
仕事帰りに夕飯メニューを考えながらぶらり歩いた街の中のとあるビル。
エレベーターで一緒になったブロンドの素敵な男性、ニコライ・バーグマンさんでした!
[PR]
by luxeliving | 2015-06-15 00:00 | ある日
裏庭


夕闇が迫るバックヤードからひんやりとした風が入り始めました。



d0107204_18565516.jpg




窓を閉じるまでのもう少しの時間だけ、ダイニングからの風景は時計草が主人公。
[PR]
by luxeliving | 2015-06-10 00:00 | ある日
時計草


時計草が咲く季節になりました。
小さな娘たちの手を右手と左手にそれぞれ繋いで歩いた時の思い出が蘇る、そのお花を、
数年前に裏庭に植えました。
強い花で、特に手を入れていないにもかかわらず、毎年この季節になると何輪も連なって蕾を膨らませ始めます。


d0107204_23112970.jpg



淡い桃色の薔薇に絡ませたのはそんな時計草の蔓。
足したり引いたり・・・私にはどちらも主役。
[PR]
by luxeliving | 2015-06-02 00:00 | ある日
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp