カテゴリ:my favorite・・・( 77 )
追加のグレートート



お気に入りのトートバッグ、vanessabrunoとFALORNI。
どちらもグレーですが、先日追加したトートもグレーのヘレンカミンスキー。

ヘビーに普段使いのvanessabrunoは少々くたびれてきていますが、
新入りのラフィアバッグは、使い込んで馴染ませたいと意気込む固さでスタンバイ。

やっぱりトート。
やっぱりグレー♪


d0107204_18521944.jpg

[PR]
by luxeliving | 2017-05-22 00:00 | my favorite・・・
待っていました。



きっと私のように待っていた方、いっぱいいらっしゃると思います。
電気ポットを探して10年。(言い過ぎ??)
意に適うデザインのものはなく、
我が家はガス派ですから、と月兎のホーローももちろん愛用してきたわけですが・・・
あのバルミューダからこんないいデザインのものが出たとなると、買わざるを得ません(笑)


d0107204_13311272.jpg



愛用の月兎ポットを使用すること約10年。こちらが黒だっただけに、
選んだのは白、です^^
[PR]
by luxeliving | 2016-10-23 00:00 | my favorite・・・
林檎の嫁入り



まだ暑さの残る先月の末、何気なく立ち寄ったお店で紅玉を見つけました。
もう秋の足音が聞こえてきたとばかりに今年もジャムにして瓶作り。


d0107204_22193025.jpg



少し前に甘めに炊いたイチジクジャムと、甘酸っぱさをしっかり残した紅玉ジャム。
実家のお庭で出来たというゴーヤーを分けてくれる友人へ、
お喋りにと立ち寄ったお友達のお家へ、など・・・・
次々に嫁いでいきました^^



追記:空になった瓶と一緒に小さなお菓子とお手紙をくれた友人がいました。
カードのお手紙には「コトコトとジャムを煮詰める時間はどんな時間?
甘くて幸せな気分な気分になる素敵な時間かな。」

お鍋に向き合う時間に思いを寄せてくれたお手紙、嬉しかったな。
[PR]
by luxeliving | 2016-10-16 00:00 | my favorite・・・
香りの適齢期


年を重ねるにつれて大事にしたいものは少しづつその重さを変えています。
パッと目を惹く綺麗色の洋服ももちろん大事なのですが、
ふっと薫るものとか、さりげなく身に付けていて自分自身がピンと背の伸びるもの、大事にしたいな。
そんなことを強く思うようになりました。


先日の美容院でサロン専売のヘアオイルを購入。
ドラッグストアではその種類の圧倒的な多さに結局決めて帰ることができなかったので、おススメの品は有難いレスポンス。
雨の多い鬱陶しい季節の前に。


d0107204_18243399.jpg



柔軟剤でもいろんな香りが選べるようになって、電車の中でもオフィスでもいろんないい香りがするようになったと思います。
強すぎるのはやっぱり不快になる人もいるだろうし、と特にオフィスではそのあたりを意識しています。
そんな中のお気に入りがボディクリーム。
ハンドクリームを使い始めて、その香りとつけ心地が気に入って、同じローズの香りのボディクリームを使い始めました。

仕事が終わって約束があるときには、バッグの中に忍ばせたロールオンのオードトワレをほんの少しプラス。
ガラスボトルのローズ柄がすごく素敵なんです♪


身に付けるいろんな香りが喧嘩しないように。
組み合わせの楽しさはこんなところにもあるのかな。
[PR]
by luxeliving | 2016-06-02 00:00 | my favorite・・・
古典。


少し前に届いていた花岡隆さんの作品展の案内。
初日はうっかり見逃してしまっていて、思い出した日のお昼休憩、
出遅れちゃったかな?なんて思いながらもギャラリーにお邪魔しました。


このたびお店に並んでいたのは今までのイメージとはちょっと違う高台(こうだい)の華奢なタイプの作品。
一番のお気に入りの急須はもう7、8年前に購入したもの。
花岡さんのイメージはその安定感のある温かい作品のままという私。
華奢な作品も温かさは変わらない。
だけど休日、ゆっくりと朝食を済ませた後のお茶の時間はやっぱりあのぽってりとした気分かなぁ。


お馴染のお店の方に尋ねると、ボクのなかでは古典でしたから仕舞っていたんです。
そう言ってお店の奥からあの定番のお湯のみを出してくださいました。


d0107204_1955249.jpg



このお湯のみのデビュー、実は休日の朝食後ではありませんでした。
初めて我が家へお招きした長女の学校がご縁のお友達ママとのお茶の時間。
もうそろそろ「卒業」の文字がチラチラとし始めた頃になって仲良くなれそう、というのかなり嬉しい。

モノにも物語があるのも、物語ができるのもやっぱり楽しい。
[PR]
by luxeliving | 2015-12-08 00:00 | my favorite・・・
やっぱり「足元から」スタート!


ご無沙汰していました。
あっという間に秋。ますます季節が進んできましたね。

いつもこの季節は「足元から」スタート。
それは今年も変わらず。
どうぞお付き合いくださいませ^^


d0107204_1951365.jpg



でも今年はひと味違います。
朝夕の空気がグッと冷え込んできて届いたのは、夏に義姉にお願いしていたタイツ。
夏のいつもの帰省先でのお喋りで、愚痴がてら相談がてらで話題になったのが足のむくみ。
幸いにもデスクワークですが、逆に立ったり座ったりがないせいかちょっとむくみが気になる時期がありました。
そこは立ち仕事のエキスパート、医療の現場で仕事をする姉という強い味方に
姉も使っているという医療用の弾性ストッキングを教えてもらいました。
出入りの業者さんにお願いして送ってもらったタイツ、夏に娘が里に置き忘れたヘアゴムと一緒に
マーガレットハウエルのショップバッグに詰めてもらって私の手元に。

例年、フランス製とかそんなタイツに目がくらんでいる私ですが、
今年もよく見ればドイツ製!(笑)

あとは、お風呂上がりの「30daysでつくる美脚&ヒップ」への取り組み次第、というところでしょうか・・・^^


タイツの出番が増えると外せない靴もスタンバイOK。
エアは入っていないのですが、ナイキのエア入りパンプスで有名なシューズブランド。
ポインテッド・トウにはこだわって、辛口なお洋服にちょうどいいさじ加減の甘さをプラスしてくれるエナメルローヒールです。
少し前に用意していた靴もそろそろデビューさせよう。


毎日進む季節に、毎朝着る服には悩みつつ、店先のファッションのウインドウショッピングは楽しさ満開ですよね。

隣の庭先からは金木犀が香り、お庭では秋明菊と秋の七草、萩の花が満開です。
ゆるり木々も赤みが射してきました。

繰り返される塾や学校の進学懇談、お友達との食事会・・変わらず埋まっていくカレンダーですが、
今年の冬は娘のお勉強の正念場でもあり、ひと味違う冬にもなる予感。
[PR]
by luxeliving | 2015-10-10 00:00 | my favorite・・・
最近の "favorite"


雨に纏わる音楽を聴くこと。
恋が始まる歌、終わった恋の歌・・・いろいろありますが雨の夜にしみじみ聴いています。

それから、薔薇の香りのハンドクリーム。
湿度の高い時だからこそふんわり薫るのもいいかな。


d0107204_1072698.jpg



雨と雨の間の晴れ、もう夏の太陽の光が容赦なく降り注いでいます。
今日はこれから娘の学校の保護者親睦会。
ホテルの一番上階でのランチです。

ちょっとお洒落して出掛けてきます。
[PR]
by luxeliving | 2015-07-10 00:00 | my favorite・・・
盛夏の前に


昨日の夕方、今年初めての蜩の声を聞きました。
夕方蒸し始めた庭、水を撒くと気持ち良さそうに水を浴びる緑たち。
そんな植物を目にしながら耳から入ってきたのは盛夏の声でした。
あ、今年も暑い夏がやってきた、そんな合図です。
異常な雨や冷たい夏よりやっぱり夏らしい夏がいい。


と、いいつつ今夜から激しい雨との予報。
ギラギラした季節の前には必要な雨なのかなぁ。


d0107204_1713573.jpg




本日は同好会の茶道に出掛けてきました。
早めに家を出てピックアップし皆さんにお出ししたお菓子の銘は「夏野」
まだたった3回のお稽古だというのに、先生の段取りは時間配分とともに完璧で、
帛紗捌きから茶巾絞りまでひと通りお稽古するところまでに。

最近和モノで作りたいものもあり、お稽古後には先生役の友人を引き留め、相談と称したお喋り。
私よりうんと造詣が深く、ひとつ投げかけると十返ってくるよき相談者でもあります。



プレセールで購入したのは、絽や紗のお着物にも合いそうな日傘。
ハンドメイド用にも選ぶのは軽やかな夏の雰囲気を持つ和テイストの布地。
夏に同好会として開催するお茶会もようやく日取りが決定し、簡単なお点前をすることにもなったので
里の箪笥に眠る絽の着物を持って帰ってみようと思っています。

月の初め、届いた雑誌には折しも里の風景がちりばめられていました。
[PR]
by luxeliving | 2015-06-25 00:00 | my favorite・・・
frame



デンマークの食と暮らしがテーマのショップで毎年開催されているフェアをお目当てに、足を運んでみました。
楽しみにしていたフェア初日、デンマークからのヴィンテージ品のディスプレイに素敵なフォトフレームを発見。
よく見るとブラックなのだけれど、スモーキーな色味はネイビーにも見えて、そこにゴールドの華奢な縁取りが美しいフレーム。

ストッパーは金具を折り込むだけのシンプルな作りだったり、お店の方と一緒に丁寧にイーゼルの付いたバックボードを外すと、それまで分からなかったガラス部分の丸みも分かったり。



d0107204_1828315.jpg




10代のころから外国のお家のインテリアに溶け込む素敵なフォトフレームが大好きでした。
高校生の頃にはアンティーク加工のフレームに、実は何を入れていいのか分からなくて、自分の幼い頃の写真を入れたりも。
あれから何十年経った今、その小さなフレームはそのまま私の手元にあったりします。


結婚式の小さな写真はガラスの屈折とアイアンを組み合わせたフレームに。
娘たちのものは大判の額縁に、写真に合わせたマット台紙も組み合わせてお部屋に置いています。


デンマークのヴィンテージにはどの写真を飾ろうかな。
今はまだ表情を持たないフレームはまた時間の流れを切り取った一枚が入れられ、フレームを囲む風景をきっと豊かにしてくれます。
選び取る写真、合わせるマット・・・そんなのちの風景を想像しながら馴染ませてゆく作業、ちょっとワクワクもします。
[PR]
by luxeliving | 2015-06-09 00:00 | my favorite・・・
軽やかに


今年も母の日にはお庭にお花が増えました。
「ママっぽい」
こういう雰囲気なのがいいナ、と伝えるとこの答え。
嬉しいような、手の内がバレてしまっているような気恥しさ。


お向かいに英国人の奥様がいらっしゃる和風の門構えの素敵なお家があるのですが、
しばらく前から玄関の門の前に、焼きっぱなしの細身の壺にアジサイの鉢が飾られていました。
重厚な和の門扉の前に真っ白な大輪の紫陽花。
備前っぽい焼きの鉢がまた黒っぽい玄関周りを渋く引き締めてくれていて、
紫陽花の白さと絶妙に合っているのです。

次女にイメージが伝わりやすいよう、私のイメージをお向かいの花鉢と伝えると
次女曰く、「大丈夫。しっかり観察するからね。」
長女曰く、「じっと見てたら不審者だよ。」

年相応の会話が何とも言えず思わず笑ってしまいました。
そして「不審者」の言葉を気にする風でもなく何度もお向かいの玄関を覗き込む次女の姿もまた・・・^^


一生懸命選んでくれるのは夫ではなく娘たち、という歳になったことが
私の一番の嬉しさだったりもします。


d0107204_20461757.jpg



陽気な休日にお花探し。
緑の散策もそうですが、休日にはジャックパーセルに小振りのトートが最近の定番です。
[PR]
by luxeliving | 2015-05-14 00:00 | my favorite・・・
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp