春待ちの・・・
                                                                 
暦の上では季節が次の季節へと変わっています。
現実は三寒四温。
毎日少しづつ少しづつ暖かい季節へと歩みを進めています。
それでも暦で春の訪れたその日は、
春を実感できそうな暖かな一日となりました。


先月の終わり、私もひとつ歳を重ねました。
流れに身を任せるようになった数年前からは、
歳を「とる」というよりも「重ねる」といった言葉のほうがしっくりと感じるようになりました。
何かがふんわりと、なにげなく折り重なってその日がやってくるのです。


だからお誕生日は前日になっても、
何度も何度も「あ、明日だったんだ。」と思い出したりして、ね。

毎年私のお誕生日その日にお祝いを届けてくれるお友達から、
今年もカードとプレゼントが届きました。
差し出しのお名前を見て初めて「あ、今日だったんだ。」と気付いたのですが・・・(笑)



d0107204_22484489.jpg




若い頃に通っていたお稽古先で仲良くなったお友達からは、まさに春待ちのお茶碗。
季節感が清々しくて、キ~ンとした外の空気も空の色も、
その日ばかりは妙に嬉しく感じます。
「お茶でも点てて、ゆっくりな時間をすごしてね。」
年末に赤ちゃんが産まれてママさんになったばかり、初々しい彼女からの
子育てのせわしなさをいたわる心遣い・・・
私よりも若いのに参ったなぁ・・・^^
ありがとう♪
晴れ上がった暖かく気持ちのよい日まで待って次女とお菓子を買いに出掛けました。

私が美味しそうにいただいているのを見ると、
次女もちょうだいって・・・
・・・もしかすると初めてのお抹茶だったかも・・・です^^




夫からは小さなパールの連なったネックレスを。
 
アクセサリー、普段雑誌を見ながら素敵だなって思うものは、
流行性のあるものが多いのですよね。
お洋服やそういうアクセサリーはどちらかというと記念のものとしてはいただきたくない。
お誕生日を前にして、「何がいいのかな?」と聞いてくれたのですが、
それなら!とあるお店のパールを思い出したのでした。



d0107204_0425136.jpg




パールをつなぐ肌色のシルクがデコルテの上で消えてとっても素敵なんですよ、
そうお店のご主人が私の首に掛けてくださったのは昨年の春だったか・・・

いつか我が家のドレッサーに、と思っていたものの
やっとこのタイミングで現実のものとなりました。
・・・出番はもう少し暖かくなった頃でしょうか。




週末、春に入園する次女の園で体験入園を終えてまいりました。
ホールでお母さんと向き合ってのダンスを終えると
今度はお友達同士手をつないで。
それから肩に手を連ねそのまま子どもたちだけのお部屋に
音楽にのって移動・・・という作戦のようですが、
ハッと気付いて泣き叫ぶ子も多数^^;
連行されちゃう子のママもこのときばかりはグッと我慢なのでした。


我が子は・・・多分大丈夫よね・・出てゆくときは泣いてなかったし・・・
少し心配しながらも先生方のお話に耳を傾けること数十分。
長女の時の2年前とほぼ同じ内容でしたが、
初めて子どもを集団の中に入れる心得など、
忘れていた小さなことも少し思い出させてくれたりもしました。
長女の子育ても含めて、子育てというものに励ましをいただいて
先生方に絶対的にお任せすることの大切さを改めて感じた日でもありました。



お迎えにお教室を覗きに来たママたちを見て
大きな声を上げて泣く子、これまた多数^^
我が子は!?
・・・いた!いた!と目が合うと、
「ままぁ~♪」とお腹を出してはしゃいでいました・・・(笑)

・・・どうして我が家の娘たちはこうも簡単にハハから離れてゆくのかしらねぇ・・・^^;



新しい季節ははやっぱり待ち遠しい。
特に春という季節は、ね。

[PR]
# by luxeliving | 2009-02-09 00:00 | Thanks!
鬼は外!福は・・・welcome♪
                                                                      


長女のお腹の風邪がようやく良くなりました。
週末に病院に行っていただいたお薬が効いたような気がします。
ちょっと今回は長かったナ・・・
先週少し無理をして行ったお稽古のお教室先でも気分を悪くして
先生方にもご迷惑をかけてしまいました。
今月の発表会が気になっていた私も少々反省です。


夫が娘を病院へ行っているちょうどその時だったのですが、
春にお別れした幼稚園のお友達が帰省がてら会いに来てくれました。
ママとは本当に気が合って、私も大好きなお友達だったけれど、
パン屋さんでパンをつくっている旦那様と
新しくパン屋さんを始めるという事で、
遠く彼女の実家近くに引越しをすることとなり、
お別れをしたのが昨春のこと。

とっても短い間だったけれど仲良くさせてもらった名残も残しつつ
たくさんお手紙の遣り取りもしたっけ・・・

夏にパン屋さんが無事にオープンしたとのお手紙をもらって
私も自分のことのように嬉しくしていました。

先日訪ねてくれたのはとっても寒くて風の強い日だったけれど、
「これからおじいちゃんやおばあちゃんと動物園に行くからこれを渡すだけなんだけれど。」と
彼女がたくさんのパンを持って!



あいにく当の娘は病院に行っていなくて、お顔を見せてくれたお友達とは
再会を果たすことができなかったけれど、
またGWには戻る予定だから、との言葉を楽しみに待つことにします。

それにしてもたくさんのパンをいただきました。
ご主人はずっと以前ドンクで修行をされ、それから私の住む街の美味しくて有名なパン屋さんでお仕事をされていました。
彼女と出会ってまず最初、「え~!あのパン屋さんで?!」
だってよく買いにゆくのよ!って、私のびっくり声を響かせたような^^
もちろん彼女も結婚する前はそちらのパン屋さんにいらしたとのこと。


お写真に載っているもの以外にもたくさん!
ガトーショコラにクッキーにクロワッサンに・・・
クリーム系は遠慮したんだけど今回はソフト系ね、って。


すぐにテーブルに並べたらその日のお昼のおうどんと一緒に無くなる無くなる・・・!
お腹、大丈夫???
娘も私たちに制されながら「このパン、○○くんのパパが作ったんだよね♪」美味しい美味しいと頬張っていました。
ありがとう♪
クロワッサン、絶品でした^^




d0107204_21245534.jpgd0107204_2125477.jpgd0107204_21241498.jpg
d0107204_21255173.jpgd0107204_21253024.jpgd0107204_21254171.jpg




おうどんはつい先日の夫の出張土産。
一昨年の金沢・富山の旅行で初めて糸うどんを購入していただいたのですが、
上品な歯ごたえで美味しかった^^
今回は本場讃岐のおうどん。
釜揚げ&つけ汁でいただきました。
太めの歯ごたえのあるおうどんは馴染みのもので・・・こちらもやっぱり美味しい、美味しい♪
娘に本来の食欲がこれ以来戻ってきました。
まんまるなお顔に健康そうな赤みが差して、まずはひと安心。


それから・・・
こっそり節分のお寿司を載せました。
アハ・・・^^
夫に「これ、何に見える?」と聞くと、じっと見つめて「仮面ライダー。」
そうか・・・やっぱり仮面ライダーか・・・><
ちょうちょのつもりだったのだけれど、(笑)
初めて娘たちと挑戦した飾り巻き寿司、失敗も楽しい思い出、よね?!

[PR]
# by luxeliving | 2009-02-03 23:00 | ある日
ファイト!
                                                                 


このところ娘たちが全く違う風邪をすれ違いにひいています。
体力がある分、長女はひどくならずにいることが多いのですが、
次女はすぐにお熱となって現れて・・・。

次女の風邪が落ち着いたと思ったらおねえちゃんの腹痛。
この腹痛がちょっと長引いていて、私の看病も踏ん張りどころ。



毎年山梨から届く干し柿が実家経由で我が家にも届きました。
この干し柿、白く甘い粉を噴いた大きな柿が
ひとつひとつ包まれ、お行儀よく並んでいるのですが、
素朴で上品な甘み。とっても美味しい干し柿です。



d0107204_14594979.jpg




子どもってジャンクなお菓子にお口が慣れているせいか
干し柿なんて苦手よね、きっと。
私こんな風に勝手に思い込んでいたのですが、
園で購入するサイエンスの絵本に載っていた干し柿が興味深くていけない娘。
冷蔵庫から取りだすと真っ白にお化粧している干し柿の写真に
それはもう大きな憧れを抱いておりました。


おとなでも1個全てをいただこうとすると
最後は無理やり押し込んでしまうくらいのボリュームです。
・・・だってよく考えたらあのプリプリの柿まるごと1個なんて、ね。



もちろんまだお腹に風邪菌がやってこない時ですが、
それはもうおいしそうに頬張っていました。
・・・ハイ。まるごと1個!



先週金柑もシロップマーマレードに。
素朴なお味、これもまたお口の記憶に残っていてくれればナ、と思います。



d0107204_14593949.jpg




娘たちの摘んだ水仙、摘むところをきちんと教えなくて採ってもらったら・・・



d0107204_14595864.jpg



ま、良しとしましょう^^;
いい香り、漂っていますよ。

よし、私もぐずりがちな娘たちにも風邪にも負けない、ファイト!


[PR]
# by luxeliving | 2009-01-30 15:00 | ある日
3th birthday
                                                              
次女が3歳のお誕生日を迎えました。


下に男の子を持つお友達に、
「上の女の子とはまた別ね、男の子って本当に可愛くて・・・」
というお話をよく聞きます。
我が家の場合、女の子ふたりという構成ですが、
それが男の子でなくても下の娘は下の娘というだけで両親ともメロメロ。
(・・・これが男の子ならもっとすごいの?)
親バカ以外の何物でもないのですが・・・笑
3歳ともなればそろそろ赤ちゃんらしさも消えた頃。
ですが、次女らしいマイペースな成長ぶり。
娘自身の性分もあるとは思いますが・・・
まだお話も片言の様子などは本当に可愛くて。
「お願い、ゆっくり大きくなってね。」
いつもそんなおまじないをしています。←大きくなって次女に怒られちゃうかしら・・・

多分これは私、産めば産むほどメロメロ度合いが増すような・・・笑
いえ!冗談ではなくて、最近本気でこんな風に思うのです。



次女に先月サンタさんへのお願いを聞いたところ
「くまはんのおにんぎょっ。」(くまさんのお人形)とのことでした。
サンタさん、期待に応えたいとばかりにお約束を叶えてくれました。
・・・けれど舞台裏では、イブ当日夫がお昼休みに
私と写メールを繰り返しながらジャッキーのぬいぐるみを準備した次第で。

それはそれでとっても可愛らしくジャッキーのブルーの長靴を
お出掛けのたびに履かせ、帰宅の時にはきちんと脱がせ・・・^^


でも次女のクマ熱はまだまだ熱かった!
・・・というのもありますが、私も夫もお誕生日の記念をきちんとしておきたくて、
大好きなくまさんをテーマに名作の絵本としっかりとしたお人形をプレゼントにしました。
コールテンくんと同じようにクマさんも次女自身に選んでもらいました。
ひとつひとつ手作りのカリスト社のテディ・ベア、
どれもほんの僅かな作り手さんの違いで印象もまた少しづつ違うものですものね。

娘の選んだクマさんにコールテンくんのお洋服と同じお色のリボンをつけて。



d0107204_2345663.jpg




おねえちゃんから譲ってもらったものも含め、
おかげ様で次女のクマコレもなかなかの顔ぶれとなったのです。



d0107204_2344211.jpg





次女の産まれた時の北側の病室からの風景は
ひとつの写真のようにくっきりと覚えています。
とても寒い季節だったけれど、空はブルーで空気は澄んでいて・・・
晴れやかな出産でした。
心構えも万全な「ふたりめ」。
「ふたりめなんてどんとこいだわっ!」と挑んだ出産でもやっぱり産声にポロリ涙。
どういう訳か、私から産まれ出たその日の夜にも
・・・それは離れた寂しさからなのか・・・涙が止まらなかったっけ。

何人産んでも絆というものが必ず存在することを実感した時でもありました。



d0107204_2349252.jpgd0107204_2349379.jpgd0107204_23495463.jpg




私から産まれてもあなたはあなた。
可愛いけれどいつか私の手を離れてゆく。

きちんと自分の足で立って駆けてゆけるように。
「自分らしく」を大切に。
失敗を恐れずに。

幸せな時も、自信をなくしたときも、
振り返ったところには必ずパパとママがいますから。



d0107204_2351421.jpg




お夕飯は縁起物の鯛をお野菜とのプランチャ・・というのかな・・にして
モツァレラのフレークがけで。
サラダはサラダ・プランタンと名前のある色とりどりの春を思わせるようなサラダを。
それから娘たちの大好きなアサリのホットスープなど。


ささやかなお料理でしたが、お休みの日のお誕生日、
夫もちゃんと加わり、家族揃って食卓を囲むことが出来ました。



d0107204_23531678.jpgd0107204_23532618.jpgd0107204_23533619.jpg
d0107204_2354131.jpgd0107204_23542969.jpgd0107204_2354525.jpg








 
[PR]
# by luxeliving | 2009-01-18 15:00 | 子どものこと
少しづつ、少しづつ
                                                              

年に2回のセールの季節、女性にはとても嬉しい季節ですね♪
本当のところを言えば、ちょっとセールには疎い私・・・
初日に頑張ってお店を覗くということが少ないせいか、
私がお店を覗く頃にはこれは!というものが
あまり残っていないというのもあるかもしれません。

素敵!と、思わせてくれる物は
いつもセールでない時に出会うことが多い経験をそのまま信じ、
自分に似合うお色やサイズには普段こそアンテナを張ってチェックです。


ですけれど、今日は特別な出会い。
午前中、出張へという夫を駅前まで送り出し、
その足でお邪魔したお店で出会ったセールのコート・・・
一目惚れでした^^
「是非羽織ってみてくださいね。」
こんな風にお声を掛けられて鏡を見ると
おうちに連れて帰らずにはいられなくなって・・・
「スカートにもパンツにもよく合いますよ^^」今日の決め文句はこちらでした。(笑)

でもニュアンスのあるグレーで仕立ての良いコート、
息永く着られそうで今日一日、良いお買い物したつもりのハナマル気分です^^



d0107204_170293.jpg




お洋服以外に素敵だな、いつか我が家にお招きしたい、なんて考えているものも数知れず、
あまりに数知れなくてリストに載ったままのものもたくさん^^;
少しづつ、少しづつ・・・。
私らしい目線で集めた中での暮らし、楽しみたいですものね。
先月、そのリストにずっと載ったままのひとつで、
クリスマスという季節に良く似合う食器を購入いたしました。
勢いもあって、年が明けて同じシリーズの食器をまた少しプラス。



d0107204_16103368.jpg




クリスマスらしい、といえばクリスマスらしいのですが、
独特の赤は日本のお正月にも合いそうです。



d0107204_16104493.jpg




もちろん、お友達が遊びに来てくれたとき、普段の朝食、特別な夜・・・
せっかくですもの、やって来たばかりの新入りクンには
しばらくの間ヘビーに楽しませていただきます^^

[PR]
# by luxeliving | 2009-01-15 17:00 | my favorite・・・
始動
                                                                               
暖かな私の住む場所でも雪がちらほらと舞い始めました。
早朝のギュッとした空気に、1年で一番寒~い季節到来を感じます。
ちょうど1年前のこの季節は家族の誰かが体調を崩し、
嫌な予感も見事に的中、最後に私がノックアウトする始末でした。


やっぱり健康が第一!
調子を崩して身に染みる不始末ですが、今年は気持ちの持ち方も予防も抜かりナシ。
娘たちのお鼻がタラ~リとすることもなく(←これ、大切ですよね^^)
家族一同元気に過ごしています。


昨年、閉じこもる毎日が続き、気の滅入っていた時のお出かけのお誘いが、
確か知り合いの建築家の方のオープンハウスだったと記憶しています。


今年もまた同じ、嬉しいお誘いをいただきました。
昨年伺ったおうちは家の中に鯉が泳ぐ池を配したビックリなおうちでした。
ビックリ!はそのスケールの大きさもそうですが、
渋くモダンにまとめられたテイスト。
素敵でしたよ~^^


d0107204_6112630.jpg





先日伺ったおうちは、また全然テイストの違った、華奢な感じのシンプルナチュラル。
桜の無垢材の色合い、感触、そして施主さんのこだわりを強く感じたアイアンの手すり・・・
冬の柔らかい日差しに映えてとても素敵なおうちでした。



d0107204_6124126.jpg




きっと家具を入れて、ディスプレイして・・・もっと自分らしく馴染ませてゆかれるのだろうナ。
今回もとても楽しませていただきました。






昨年の暮れは夫の里に法事で年越しに、と往復を繰り返し
本当にバタバタとした年の瀬でした。
おまけに法事で帰省したちょうどその時、伯母に不幸があり、
急遽こちらに帰る日にちを繰り延べし、通夜葬儀へも出席をいたしました。

そんな年の瀬の合い間、yo-koさんから暮れのご挨拶が届きました。
数日後にはまたとんぼ返りで、
年始の準備と迫った年賀状の作成など、
自宅に帰ってからもゆっくりとしていられなかった時の、ホッと息をついた瞬間でした。


一昨年の暮れにもお子様方のとっても愛らしいポストカードを送っていただいたのですが、
この度は木のスプーンがそっと忍ばせてありました。


d0107204_5522033.jpg



曲線が華奢で・・・嬉しくて早速購入したばかりの薬味用ガラスに添えてみた私。
きっとティースプーンとして使うのもいいのだろうナと思いつつも、
食器棚に仕舞う時もこのガラスと一緒。
・・・なんだか私の中ですごくしっくりと感じています。
yo-koさん、お優しいお人柄がお友達を呼ばれるのでしょうね、とってもお友達の多いブロガーさんです。
ありがたいことにこちらでのお付き合いはかなり古いほう。(よね?yo-koさん^^)


d0107204_1271681.jpg

この朝は洋梨とりんごのジャムを作ってテーブルに




お会いしたことのないながら、木のぬくもりのよく似合う、
華奢で華のある方だと想像しています。
以前いただいたテーブルランナーもある方とのお揃いでいただきました。
とっても気に入って大事に使わせていただいています。
今回もまたひとつyo-koさんを思わせるいいモノ、いただきました。
いつもみなさんに緩やかな時間をいただいて・・・
ありがとうございます♪




そうそう、このガラスの小鉢は法事で帰省した際にそちらで求めた琉球ガラスの小鉢です。
特に棚ものが変化するわけでもないのですが、
毎回楽しみにこちらで器を見せていただきます。
モールワインもこのお店で。
作り手さんは全く違うのですが、どこか似通った風合いがあります。
私がお店をぶらりとするときに癖になってしまった娘たちのおはぎ、
今回は法事の際と、年始どちらも夫に食べさせてもらったようです。
年始、おはぎを出してくださるおばさまには
「・・・あら?このあいだも来てくれた?」なんてお顔を覚えていただいたようで^^;



マスタードに柚子胡椒、それから夫の出張土産の四万十の柚子ドレッシング・・・
この晩お薬味はいろいろと、この小鉢も働きます^^


d0107204_553422.jpgd0107204_5535498.jpgd0107204_5541193.jpg





冬が始まろうかとしていた頃に用意したグレーのコーデュロイがやっと形になりました。


d0107204_13343176.jpg



ふんわりと、横幅をたっぷりととった娘のスカートです。
無地で質感あるお洋服、あるようでないのですよね。
シンプルに質感だけ大事にして。




d0107204_12524379.jpgd0107204_12531561.jpgd0107204_12525859.jpg

[PR]
# by luxeliving | 2009-01-13 12:00 | my favorite・・・
湯布院
                                                              

すっかり重々しい曇天のお空が続く冬が到来したという思いがします。
気圧が下がるせいか動作もなんとなくスローになってしまいますが、
動と静で言えば「静」のこの季節大好きです。


春は香り、夏は音、秋は色、冬は・・・・
ここまではどこかのコピーでも見た気がするのですが、
冬は・・・私流には気配、でしょうか・・・



d0107204_13214423.jpg




引き締まった空間、色がないからこそ色を楽しむ。
やっぱり冬って大好きです。

暖かいものに包まって・・・なんて熊のような生活が好きというだけかもしれませんが^^



d0107204_13193489.jpg



この度のお里帰りの際にぶらりとしたのはいつものお店に加えて
大きな暖炉のあるお店です。


d0107204_13191636.jpg




靴を脱いでゆるい板の間を抜けて・・・
しっかりと洋の間なのにどこか懐かしい感触です。



今年の抱負は、マイペース。
いつも頑張っている風でもないのですが、今年は特に。
トライしたいこともたくさんあるけれど、やりたいって思ったときには勢いでやってみる!
だけど焦ったりしてトライすることはきっとうまくゆかない。


気持ちの余裕がきっと誰に対しても一番優しくいられるのだと思います。


d0107204_1319512.jpg



柔らかい温かなランプの明かりを見ながら、やんわりと誓ったのでした^^

[PR]
# by luxeliving | 2009-01-08 09:00 | my favorite・・・
今年のはじまり
                                                               
私の里でのお正月風景には必ず鰤が添えられます。


d0107204_1013237.jpg



今年も父が早朝5時、市場に足を運んで購入したという天然の鰤がお刺身で並びました。
夫方からの里帰りのその足で着いたのは2日の20時でした。
待っていましたとばかりに宴会の始まり。(笑)
鰤も嫌というほどいただきました。

そしてこちらも例年違わず、なのですが、
お正月の宴会も終わる頃、私も自宅で鰤大根のコトコト作業。


d0107204_1002539.jpg



ホクホクホク・・・今年のお正月もお節もひと段落。
夫の仕事が始まり、そして今日から幼稚園も3学期の始まりです。
今朝は七草粥の朝食を作りました。
せっかくですから前日には「せりなずな・・・」、娘たちと七草に触れる時間もつくったりして。


d0107204_9585485.jpg



お粥のお鍋が湯気を立てている朝、やっと少しづつ空が白んできました。
でも今日はこのままのお空模様とのこと。
・・・北のほうでは雪だとか。
どんよりと今日は一日こんなお天気かナ・・・


d0107204_101075.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2009-01-07 10:00 | ある日
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
                                                                

あけましておめでとうございます。



d0107204_17193012.jpgd0107204_17194041.jpgd0107204_17195148.jpg
d0107204_1722983.jpgd0107204_1720218.jpgd0107204_17203437.jpg



例年通り、夫と私の実家を順にまわって昨日我が家に帰って参りました。
節目にきちんとご挨拶が出来ること、
私の中では大切にしたいことのひとつです。

もちろん、家族と大きな団欒を囲むことは一番楽しみにしていること。
どうか家族みんな今年も健康でいられますように。


こちらでは、拙いながら私の世界観も刻みつつ
趣味のお話、子どものこと、時にお買い物話など・・・
楽しくお話できる場であればと願っています。


今年もどうぞみなさまよろしくお願いいたします。


2009年 元旦


[PR]
# by luxeliving | 2009-01-05 17:00 | ごあいさつ
由布山の雪化粧
                                                             


先日法事があり、数日自宅を離れ、里に帰っておりました。
お山の、雪で白く佇む様子は威厳さえ感じます。

標高の低いところはとってもよいお天気であっても
ここは厚い雲がかかっていたりして。
でもそんなグレーのお空も似合ってしまう大好きな場所です。


数日滞在していたうちのある一日もそんな日でした。
グッと冷え込んで、山あいへ入ってゆく道は
もちろんチェーンの規制。
ビュ~ビュ~と吹き渡る風は凍えそうなくらいの冷たさですが、
少し下ではこんな清々しい景色が広がっています。


d0107204_16455733.jpg




坂をグングンのぼってゆくと
少しづつ少しづつしっとりとした風景に変わります。
私も楽しみが控えていますから少しづつ少しづつウキウキと・・・^^



d0107204_1711445.jpg




毎回飽きもせずお気に入りのお店ばかりでゆっくりするのですが、
今回も、数軒回って数軒ともいつものお店。
・・・やっぱり美味しい^^


d0107204_186310.jpg



美味しい理由、素材や手間ももちろんだけれど、
選ばれた家具の数々、窓から見える手のかけられた緑の景色・・・
そういうものひとつひとつの重なりでもあるのですよね。
それからなんと言っても落ち着きの色調。
明るくても暗くても、単調ではない色の重なりで、
柔らかくシックな空間を演出している様子、我が家のお部屋作りにも
是非参考にしたいところです。



d0107204_1753616.jpgd0107204_17532063.jpgd0107204_1835446.jpg





我が家のクリスマスパーティー、
ケーキを囲んでキャンドルでいっぱいのテーブルに娘たちも大喜びでした。
今朝、しばらくパジャマのままでサンタさんからのプレゼントと向き合って・・・
賑やかな声がご近所の窓からも溢れてきそうでした。
さて、いよいよ年の暮れ。
あとは年賀状に、再び里帰りの準備、くらいでしょうか・・・




d0107204_18155170.jpgd0107204_1815589.jpgd0107204_18161453.jpg
d0107204_18164643.jpgd0107204_18165325.jpgd0107204_1817746.jpg




今年も私の日々徒然にお付き合いくださってありがとうございました。
きっと来年の幕開けも変わらぬ風景が広がっているのでしょうが、
もちろん来年らしさも少しプラスして、
来る年もこちらが心地の良い場所でありますように。
みなさまどうぞ良い年越しをお過ごしくださいませ。

[PR]
# by luxeliving | 2008-12-25 18:36 | ごあいさつ
今年も noel の・・・
                                                              

12月とも思えないような暖かさを感じる日があったかと思えば、
ひらひらと雪が舞い落ちる日もあったり・・・・
今年もあっという間に終わりが近づいてまいりました。

先日法事のために夫の里に数日間帰ってきました。
山の上に真っ白に積もる雪を見て、
年の瀬を改めて実感したところです。



d0107204_1619460.jpg




今年も何かしら気忙しい年末ですが、
娘たちのサンタさんを待ちわびる様子、
やっぱり楽しくクリスマスを迎えさせてやりたいナ、とヘクセンハウスを作りました。



d0107204_15175131.jpg




型紙から手作りで、おまけに子どもの工作・・・^^;
でもスパイスはとても良い香り。
娘たちも楽しんでおうちを建てられたようです。



d0107204_1518674.jpg




子どものころ家族でお庭のモミの木を鉢に植え替え、飾り付けをして
サンタさんをお迎えしていた楽しい思い出がよみがえります。
ある年のイヴの夜、クリスマスソングをかけながら食事をとっていた時、
見て!
誰の声だったか、窓の外に雪が舞うのを駆け寄って見た印象的な思い出もまた・・・


娘たちにもまだまだ夢のあるクリスマスであって欲しい・・・
サンタさんにお手紙を書いて大きな靴下に入れる様子、
母もこんなふうに見守ってくれていたのかナ。



d0107204_15183868.jpg




今年もmachikoさんからのクリスマスケーキが届きました。
レープクーヘンを焼いていた時の玄関のベル、
差出しのお名前を見たときの嬉しかったこと^^
もしかしたら・・・昨年の美味しいパウンドケーキをちゃっかり想像して(笑)



d0107204_15185259.jpg




昨年と同じようにカードはしばらくキッチンでのクリスマスを盛り上げてもらっています。
届いたその日、ちょうど数日前からの出張から早めに帰ってきた夫も加わり、
家族でケーキをいただきました。



d0107204_16251228.jpg




いただいたショコラドリンクもケーキと一緒に。
出来たばかりのヘクセンハウスもクリスマスを待つことなく
娘たちのお腹に納まってしまいましたが・・・^^;



d0107204_15215460.jpg




前々日、長女の幼稚園のクリスマス祝会も無事終わり、
夫も遠方の仕事から戻り、
一時的とはいえ遠路の里帰りの準備も整って、
本当に家族一同ホッと・・・
やっと我が家にもクリスマスがやってくるわね、なんて
作っていただいたケーキを囲んで温かい時間をいただきました。



d0107204_1527291.jpgd0107204_15273987.jpgd0107204_15275626.jpg



娘のお口がショコラの幸せ、物語ってるでしょう?(笑)
ありがとう。

[PR]
# by luxeliving | 2008-12-24 15:42 | Thanks!
冬の定番
                                                                 
牡蠣も出初めの頃だったのですが、この冬初めての炊き込みご飯を作りました。
長女もお誕生日インタビューの好きなもの欄に「炊き込みご飯」と書くほど。

牡蠣は子どもには早い??・・・と言うものの我が子には当てはまらず、
昨冬も雪が舞う極寒の実家のお庭で
牡蠣の殻焼きパーティーにお酒を手にした男性陣と席を共にしておりました^^;

酒の肴好きの長女の舌には正直タジタジですが(笑)
「今日のごはん、なぁに?」に
「牡蠣ご飯よ^^」と答えるとパッと明るくなるお顔。
やっぱり嬉しいですね。


d0107204_14543582.jpg



レシピは母から受け継いだもの。
牡蠣は炊く前にお湯に通して、あとは蒸らしの時にプラス。

私にとっても馴染みの懐かしいお味。
今年も冬がやってきました。




先々週、無事に次女の入園面接も終えました。
やっぱり長女とはまた少し違った次女の感触。
楽しみ半分、少しづつはなれてゆく事の寂しさ半分。


d0107204_1551834.jpg



春から自分時間が増える私ですが・・・
あれもしたい、これもしたい、なんて思うだけ思っております^^;
そう考えると帰宅時間2時は足りない気もしている今日この頃・・・(笑)

[PR]
# by luxeliving | 2008-11-28 15:10 | ある日
冬支度
                                                                  
   
連休の中日、家族でお出掛けをした時、
気になっていたお手入れ道具を購入してきました。

思い出したときに使ってはいたのですが、
気づくと真っ黒・・・・(汗)
やっぱり度々使用しつつもお手入れって大切ですよね^^;

お外も真っ暗になった頃の百貨店は人もまばら、
子どもの手をとって歩くと時間がかかるのも分かってて
寄らせてもらいました。



d0107204_144632.jpgd0107204_1441549.jpgd0107204_1442619.jpg



元の姿に戻ってひと安心。
磨きながら、付いていた生活の傷にも気づきました。
なんだかここにも歴史が始まりつつあるように感じ、
嬉しさももらったような気がします。




最近キッチンで出番が多いのがお鍋の専用クリーナーなのですが、
お夕飯の後の片づけを終えた後に取り出して、
特に白いお鍋の内側の汚れにゴシゴシとお手入れ中です。


d0107204_14582.jpg




ゆるりとしたお手入れの時間が私のくつろぎの時間になっていることに
年齢を感じながら・・・^^;
それもまた楽しいわ、な~んて自己満足なのでした(笑)



キッチンにもクリスマス。
ちいさなちいさなクリスマスですが、食器棚に。

d0107204_1464324.jpg




子どもたち→私の風邪もやっと落ち着きを見せ始めたと思ったらもう11月も終わり。
今年もあっという間に終わりそうな気配です。



d0107204_1454373.jpgd0107204_1455347.jpgd0107204_146247.jpg

[PR]
# by luxeliving | 2008-11-27 14:41 | キッチン
ゆるゆると年の瀬へ
                                                              
                 
お友達経由でお願いした年賀状、発売翌日に届いています。
作成はいつもギリギリなのに、毎年葉書だけは早くから出番を待っているのです。


昨年は秋の旅行の様子を挟み込んで。

d0107204_14131957.jpg




毎年夫は、子どもさんのいらっしゃらないご家庭にも多く出すことになるので、と、
私の作るものとは別に作っています。


d0107204_14132955.jpg



結局私の撮ったものが採用されておりましたが・・・^^

what time is it now? なんて文句は
あまり芸のないような気もするのですけれど・・・(笑)

[PR]
# by luxeliving | 2008-11-21 14:24 | ある日
お菓子いろいろ
                                                                     

先日古くからの友人とランチという名目のふたりだけの集会を開きました。
臨月の彼女からはもう溢れんばかりの幸せオーラ^^

・・・だというのにお腹の赤ちゃんの近況もそこそこに
いつものどんなお化粧品がいいだとか、新しいバッグのお買い物のお話とか、
またいつか、と旅行のお話だとか。
子どもたちを預ってもらう夫には
何をそんなに話すことがあるのかと言われつつ、(笑)
たっぷりお話をして、美味しいランチを頬張ってきました。


いつも気の利いたお土産を持ってきてくれる彼女からは
樫木の樽のクッキー缶をいただきました。
「○○ちゃん(娘)たちと一緒にどうぞ。」といただきながら、
娘たちには内緒でこっそりいただいています^^;


癖のない温かみのある上品なクッキーばかり。
あっという間になくなってしまいました。
・・・私ひとりでこの缶全部食べちゃったみたいです^^;




d0107204_1451186.jpg





私は前の晩に慌てて焼いたパウンドケーキを持って行ったのですが、
いつも2本まとめて焼くはずが、この日ばかりは急遽思い立ったがために材料不足^^;
手渡す1本だけだと、焼き具合がチェックできず、
ちょっと不安なままのラッピング。



d0107204_1471036.jpg





後から「美味しかったよ~。」との連絡をもらってホッと胸をなでおろしながら、
不足の材料を買い足して自分用にもう1本焼いてみました。
出来具合は上々で、心底胸をなでおろしたところです。




d0107204_1454847.jpg





いいお天気が続いた昼下がり、久しぶりにアイスティーが飲みたくなって、
気になって気になって焼いたケーキをお供に
マラスキーノやバニラ、チョコレートの香りがするフレーバードティを入れました。
情熱的ともいう甘さが、冷たくした分だけ落ち着いて、
ほっとする心地よさを感じながらお茶時間を過ごしました。

昔から作り続けて変わらない味からはやっぱり落ち着きをもらいます。
そこにちょっと気になるお茶をプラスして、
お昼下がりのちょっと大切な時間です。




d0107204_1455796.jpg





おばあちゃまのお誕生日に娘たちから贈りたい、と焼いたロッククッキー。
娘たちの怪しい丸め具合に左右されない出来の、ちょっと都合の良いクッキー。(笑)
こちらは少し残して家族でお味見^^

届けた翌日かかってきた電話に、
ちょっと得意そうな長女のお顔、なのでした。


[PR]
# by luxeliving | 2008-11-14 14:46 | キッチン
グレイの包容力
                                                              

秋雨前線らしい雨が続きました。
雨空、曇天・・・今日やっとほんの少し晴れ間も覗いていてホッとするものの、
それでも雲が多くてずいぶんと寒さを感じます。
いよいよ秋も終わりです。


最近イタリーmadeの大きなトートバッグを購入いたしました。
ウールの編地が一目惚れの理由です。
お洋服はどちらかというとモノトーンが多いせいか、
バッグは大体ワントーンではあるものの
ステッチが効いていたり、素材感がたっぷりと効いたものだったり、
ほんの一癖あるものが多いのです。


d0107204_1412345.jpg



どこかフォークロアな感じとグレイの色味がとっても気に入ったひとつです。

グレイは見渡すと私の中に色々とあって、
意識しているわけではないのですが、
大好きな色のひとつだと感じずにいられません。



d0107204_1423066.jpg




クールでありながらもどこか暖かで、
割りとどんなものとでも相性がよくて・・・
・・・私もそうでありたいと思うせいでしょうか・・・(笑)


d0107204_14124985.jpg



凛としたもの、ざっくりと包んでくれるもの、
きっとどの色にも素材の違いでそのような違いはあるのでしょうけれど、
目の見張るような色の脇役となったりして遊ぶことの出来るところが
つい手に取る理由であったりもします。


d0107204_1423792.jpg

d0107204_1433365.jpg



普段にザグザグと着るものからちょっとよそゆきのバッグまで、
質感の違いでニュアンスが違って・・・
地味になりがちなグレイですが、
上手に合わせて楽しまなくっちゃナ・・・と思います。


d0107204_1434054.jpg

d0107204_14133068.jpg




最近アクセサリーを、OPAQUEさんなどに卸していらっしゃる
作家さんに出会いました。
少しボリュームのあるヘッドのネックレスをオーダーしたのですが、
反対側、留めのところにはラブラドライトの奥行きのあるグレイ。
細かなところにいいお色が来て手に取った時嬉しかった理由のひとつでもあります。




d0107204_14134113.jpg




もちろんグレイの他にもすごく好きな色があります。
大切にしたい色というか・・・

それは子どものものに挟み込む刺し色の赤でもなく、
ベースにある黒でもなく。

ネックレスと一緒にお願いしたのが後ろにほんの少し見えているグリーン。
アンティークグリーンのお色の妙味、
それはグレイとは少し違って、
「惹かれる」という理由なしの理由と
小さな頃からの憧れも全部一緒になってある大好きな色です。
また後日こちらで刻ませていただけたらナと思うのですが・・・




d0107204_1434762.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2008-11-10 15:03 | my favorite・・・
花より団子
                                                                
紅葉を見に出掛けてまいりました。



d0107204_19171162.jpgd0107204_19172681.jpgd0107204_19173533.jpg
d0107204_1927436.jpgd0107204_19181067.jpgd0107204_19182425.jpg




山の木の色づき具合を調べることなく出掛けたのですが、
嬉しくも渓谷は紅葉真っ只中。
人波も多く、お土産物街も賑やかで行楽気分も盛り上がります。

何より秋の美しさに触れることの出来たとても爽やかな休日になりました。



d0107204_19461828.jpg




橋やトンネルが秋の色をとても素敵に演出してくれる場所です。
山のお花はそろそろ終わりのようで、
道端に咲く花の数はグッと減っていたのですが、
娘はパンフレットに載っているお花探しにも夢中でした。


d0107204_19112420.jpgd0107204_19113225.jpgd0107204_19353391.jpg



渓谷の散策にゆるゆると時間をかけながらだったのもあるのですが、
街中からズンズンと上ってきた場所、
午後の3時を過ぎてしまうころには少しどんよりとした雲も増えて
ひんやりとした空気に包まれます。

あれだけ日の長かった夏からそう時間も立っていないような気がするのに・・・
もういよいよ秋も終わりに差し掛かっている、
そう実感もした一日でした。


d0107204_19372173.jpg




どこへ行っても食欲はそそられるもの・・・
大人の私たちも子どもたちに負けず劣らず
美味しそうなものの誘惑に負け通しでした。(笑)



d0107204_1935540.jpgd0107204_19442980.jpgd0107204_19452973.jpg




フルーツほおずきとかかれたパッケージが置かれていてとっても気になった私。
ほおずきの中に黄色いプチトマトのようなフルーツ・・・
初めて見る可愛らしい姿、お味ももちろん気になって購入したのですが、
少し癖のある匂いに長女は食べられず、しきりに次女に薦めておりました。

薦めるまま食べる食べ物に警戒心のない次女(笑)、「ちょっとおいしい。」とのこと。
その言葉をすっかり当てにして私もパクリ。
懐かしさを感じるお味ながらどこかエキゾチックな雰囲気のお味で、
お台所で次女の目を盗んでパクリ、パクリ・・・ちょっと癖になりそうです。

[PR]
# by luxeliving | 2008-11-04 19:52 | おでかけ
海の見える風景
                                                               
バタバタと忙しさ続く秋ですが、だからこその合い間、
心地の良い季節をのんびりと感じたい、
秋の旅行はいつもそんな気持ちからでしょうか。

このところゆったりと外の風を感じていないような・・・
ふと思い立ち、行く先を滞在のホテルとだけ決め家族で出掛けました。


夕暮れ時には沈む夕日がとても綺麗な海の風景。
いつもなら慌ただしく過ぎている時間、
こんな景色を前にゆっくりと護岸に座るのも
お出掛けの甲斐があるというものです。


d0107204_2335850.jpg



行き交う船の白い小さな波と競争し始めたり、
群青の海に大きな声を上げたり・・・
どんなところでも楽しい何かを見つける娘たちを見ながら
私は護岸に座り込んで、
ちょっといい時間、過ごすことができましたよ。


d0107204_1748163.jpgd0107204_17482482.jpgd0107204_17484164.jpg






翌日は海と一緒に見る朝日もきっと素敵だろうナなんて早起きした私。
夫には「やれば出来るじゃないか。」と・・・アハ^^;・・・お耳が痛いです。(笑)


d0107204_23415395.jpg




朝食の前には家族全員で下の埠頭にもお散歩に出掛けてみました。
少しづつ少しづつグレイから橙へ、橙から抜けるような青色へと変わる空の下に
まるで私たち家族だけ居るような、ゆったりとした時間でした。

朝の少しひんやりした空気と海のしっとりとした風も心地よくて、
来てよかった・・・そう思えた一番の景色でもありました。

「ママ、お腹が空いた・・・」
お散歩の終わりにはやはり現実に引き戻されます。
このあとご飯を食べに行こうね、
そんな余裕が私には一番嬉しかったのかな。(笑)


d0107204_23381445.jpg




チェックアウトまでホテルのレストランでゆったりお茶をいただいたり、
娘たちが退屈しないようにループバスに乗ったりもしながら残りの時間を過ごしました。
楽しそうにはしゃぐ娘たちのお祭りのような賑やかさを
穏やかに見守られる余裕、「来てよかった」の核心かもしれません。




d0107204_13461444.jpg





う~んと背伸びをしてリラックスした秋旅。
美味しいパンでもお土産にして食卓に並べたいナなんて漠然と思っていたけれど
お店に足を運べなかった事にこだわりなく家路につけたというか・・・
心のコリ、取れたかナ^^




d0107204_23424073.jpg



一軒だけ。
[PR]
# by luxeliving | 2008-10-29 15:49 | おでかけ
届いたもの
                                                                      
定期的に届くお米も新米のシールが貼られて届いています。


d0107204_174159.jpgd0107204_1742976.jpgd0107204_1744057.jpg


つややかなご飯、一番美味しさを実感するのは
少し冷たくなったおにぎりになってから。

夜も深まってなんだかお腹が空いちゃったな・・なんて時
残っているご飯を塩結びにしていただきます。
その時の、こっそりと口に運ぶ幸福といったら・・・(笑)




それから。
山の工房で作っていただいた鳥のお箸置き。
桜の木の色がとても綺麗です。
義姉から届きました。

春に一緒に訪れた新築の玄関に置かれた小鳥の靴べらがとても可愛らしく、
ふたり揃って素敵ね、と声を上げました。
緑の濃い一帯から少し入って見つけたという工房を教えていただき、
姉はさっそく訪ねたそう。

それから後、私が義兄家のカウンターに並んだ小鳥たちに気づいたのがきっかけとなり
我が家にもやってくることとなりました。
小鳥の愛らしさは生まれた場所の爽やかさと
作られた方々の人柄とを漂わせているようですが、
そこへ姉の包んでくれた温かい気持ちも一緒に・・・
今はそんな優しい空気がプラスされ、そっとここに佇んでいます。


d0107204_0652.jpg



椿の枝にお行儀よく5羽並んで食卓に佇む様子は
何より娘たちが喜んでくれています。
次女も補助のついたお箸を取ったり置いたり・・・なかなか忙しいのです。(苦笑)


新しいもので賑わう、ふんわり嬉しくもある秋の食卓です。

[PR]
# by luxeliving | 2008-10-28 17:05 | my favorite・・・
one day
                                                                    


いいお天気続きの連休、
家族で白壁の街にお出掛けいたしました。


d0107204_13185596.jpg





娘たちには「遊園地に行こうよ~!」と誘惑しておいて・・・
・・・まずは私の行きたかったお店なのです。(笑)



d0107204_10165271.jpgd0107204_10154260.jpgd0107204_10153140.jpg




ずいぶん前だったのですが、雑誌で紹介されていたチャイニーズ・ラグのお店。
街並みに溶け込むように蔵を改装した奥行きのあるすごく素敵なお店です。
どこかクラシカルでどこかモダン。
雑誌のひとコマを少し切り取ってみましたが、
・・・雰囲気、伝わるでしょうか・・・??



d0107204_12432537.jpgd0107204_12431335.jpgd0107204_1243437.jpg




オーナーでデザイナーの方の生家が古い呉服屋さんを営まれているそうなのですが、
そちらの隣にも呉服屋さんの古い蔵を改装してつくられた空間があります。
せっかくなので休憩もこちらです。



d0107204_21465687.jpg




奥には家具ギャラリーもあって、
アンティークとモダンが交差した居心地の良い洗練の空間でした。
長女はメニューに載っていたケーキという文字にとにかくはしゃいだ様子。
でも・・・出していただいたお皿にはパンケーキが乗っていて・・・
その時の・・・ひとり凍りついた雰囲気、少し笑ってしまいました。(笑)


パウンドケーキ?・・それはもうしっとりと、フルーツピールの効いた
本当に美味しい一品でした^^



d0107204_134224.jpg





お腹も満たされてとてもいい気分でお店を後にしたのですが、
なまこ壁や白壁の続く路地をそぞろ歩くも、
夕暮れともなるとあっという間にひんやりとした空気に包まれます。
空は見事なウロコ雲が広がっていました。



d0107204_2148192.jpg




そんな夕暮れからのお楽しみ、もちろん約束どおりの遊園地。

「さるのジョージはおサルの身長計で測ってもらったんだよ~。」(長女談)

長女、なんとか待望のジェットコースターにも乗ることができました。
別の身長計は出てきませんものね、身長計を前に、気持ち背伸びして・・・
お顔は超がつくほど真剣でしたから。(笑)



d0107204_13464468.jpgd0107204_13465884.jpgd0107204_13472624.jpg




娘たちはもちろん、私たちおとなも楽しんだ、ある秋のお出掛けでした。



d0107204_2145439.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2008-10-16 13:56 | おでかけ
実り
                                                             

散歩道の秋の草花が色とりどり、高い空に向かって伸びています。
寒いくらいの朝、歩くとそこかしこに秋の草花と出会います。
次女の、”いい匂い”が言えず「にお~い!」と鼻をかいでいる様子に苦笑しながらも
金木犀に気づかせられたりしたのはこの嗅覚こそ。



d0107204_1335499.jpg




娘にせっつかれながらようやく
栗の入ったご飯、朝の食卓にのぼりました。
冬に仕込んだお味噌もそろそろと解禁にし、
大好きなお茄子を入れて頂いています。


d0107204_13361225.jpg




このところ遠方に住むお友達数人から
お手紙を頂く機会に多く恵まれています。
メールで簡単におしゃべりが出来る時代、
便箋を前にペンをとってお話をしてくれる友人には
私自身の居住まいを正してもらいながらも
これからも大切にしたい関係だナと
あたたかい気持ちにさせられています。
もちろん、メールでの打っては返すノリのいいおしゃべりも楽しみながら、ですが・・・^^


そしてこちらも、あれやこれやと便箋選びをしつつペンを取り、
便箋を文字で埋めていくのを夜長にのんびりと楽しんで・・・



d0107204_13362551.jpg




渋皮用の栗もやっと本来の姿になって、
お腹にも今年の秋が到来です。
たくさん作ったので瓶に分けて・・・・・我が家の秋が届きますように。



d0107204_13363628.jpg





今週末、娘の習い事のコンクールがあります。
夏に先生から「出てみませんか?と」いただいたお話もいよいよ佳境。
このところ従来のレッスンに特別レッスンをプラスしていただいています。
なのに子どもたち、揃ってお鼻が出てしまっていて・・・
念のために病院にも連れて行ったりと、
私もなにやらバタバタと過ごしています。

せっかくの機会なので、と先生からお勧めいただいて
ヴァイオリンのサイズも1/10から1/8へと大きくしました。
指位置のテープも取り、ようやく大きさにも慣れたところ。

発表会とは違って審査していただくだけに
私のほうが緊張気味です。
せっかくなので一次審査くらい通過してくれると良いのですが・・・


d0107204_13365948.jpg




日にちが迫ってくるとレッスン量も必然的に多くなります。
思わず私の言葉も強くなる時がありますし。
そんな中、投げ出さず弱音を吐かず、よくやってくれていると
ふと冷静になると(笑)気づかされます。
「こんくーる、まけたくないから。」
本人の言葉に含まれているものもあると思いますが、
ひとつの挑戦に頑張ってみるということ、
すごく光っている人は頑張っているということ、
頑張れば輝くということ、
それとなく伝えました。
合格ならず、の予防線ではありませんが(笑)、
こんな親心が伝わるのが一番嬉しいことなのですよね・・・



[PR]
# by luxeliving | 2008-10-08 15:34 | ある日
定期便
                                                                         

今年も山梨から葡萄が届きました。
例年実家にたくさん届く葡萄、今年もちゃっかり分けてもらいました。


なにせダンボールひと箱にどっさりと葡萄が届きます。
我が家が1/3を譲り受けても食べ切れないほど。
でも秋の花粉が舞いはじめると・・・そろそろ葡萄??
な~んて楽しみにしてしまいます。


ひと房ふた房そのままでいただいた後、
残りはマスカルポーネのタルトに載せて。


d0107204_10274275.jpg



タルト生地はちょっと手を抜いてパイ生地です。


d0107204_10193385.jpg



まだ葡萄もたくさんあったので
ひと房そのままで、それからこのタルトを包んで
お友達に持ってゆきました。


d0107204_10201218.jpg



自作ながら美味しくいただきました。
タルト生地、例のレアチーズケーキのビスケット生地のレシピ要領が
合いそうだけれど・・・

[PR]
# by luxeliving | 2008-09-22 10:20 | キッチン
初秋あれこれ
                                                                        

先々月あった作家さんの作陶展。
その際にもって帰った器とは別に
少し特別な器が、作家さんの元から届きました。



d0107204_15201032.jpg




次女と一緒に出かけた作陶展、
案内してくださる方に怯えて「抱っこ、抱っこ」と纏わり付く娘がいながら
しばらく素敵だナ・・・と立ちどまって重さを確かめた作品。



d0107204_1505615.jpg




これから数十年経ってもずっと大切にしたい、
私の数十年後、器の数十年後を想像しながら購入を決めました。

せっかくなので秋のお菓子と一緒にお茶碗ぶりを確かめたいではないですか。
娘たちとのお茶時間、秋桜と月のウサギのお菓子とで。



d0107204_1501832.jpg







初物と書かれた秋刀魚をお夕飯のお買い物先で見かけたのはもう数週間前でしょうか・・・
久方ぶりの秋刀魚の味を思い出し、お腹を鳴らしながらまずは塩焼きでいただきました。
それから何回秋刀魚を焼いたかしら。(笑)
今日、お買い物に行くとお刺身用にいつもより新鮮な秋刀魚の大売出し。
秋刀魚のお刺身は今年初めてです。
早速三枚に下ろしていただいて帰りました。
生姜を乗せたお刺身をすこしと
残りは秋刀魚のリゾットに。



d0107204_1511079.jpg




サフランにローリエ、タイム・・・お鍋の中でふんわりとご飯に薫って
焼き目のついたお魚とよく合いました。


[PR]
# by luxeliving | 2008-09-17 01:57 | my favorite・・・
足元から。
                                                                 

朝夕の秋風が懐かしくも愛おしい季節になりました。
まだまだきっと日中の陽射しは容赦ないものがあるのでしょうけど。

秋の装いの準備もゆっくりと楽しく、
春とはまた違うしっとりとした季節を心待ちにしています。


秋一番のお買い物は足元から。
出番はきっとまだもう少し先になりそうですが。


d0107204_13145967.jpg



こちらのコットンタイツは昨年に引き続いて購入しました。
肌触り、質感、忘れがたいものでしたから。
いつかカシミアタイツも足に通してみたいナ・・・


娘のものの買い足し分もやはり足元から。


d0107204_13151410.jpg





足元から、と思い出したのですが・・・
一昨年の暮れに夫の祖父が亡くなり、昨年一年間は法要の多い年でした。
不幸は急に訪れるもの、
常備しているのも慌てて買いに走るのもこちらがお勧め。


d0107204_13153078.jpg




親戚のたくさん集まるときこそきちんとした佇まいにと気を遣うもの。
こちらのソワレはすごく足を綺麗に見せてくれるんです。

子どももいたり、お台所にも立たなくっちゃとお嫁さん仕事も多い法要の場ですが、
ジャケットをこちらのカーデに換え、張り切ってお手伝いです。


d0107204_13154110.jpg



このカーデ、きめの細かさも動きやすさも定番たる理由です。
今年の暮れにも3回忌の法要を予定しており、
もちろん私も腕まくりでお手伝いして参る予定。

[PR]
# by luxeliving | 2008-09-10 13:12 | my favorite・・・
梨の季節
                                                                

夏休みの終盤、毎年恒例の梨狩りの日取りがなかなか決まらずにいました。
そろそろ幸水梨が出る頃という時に連日の雨。

4日ぶりに晴れ間の広がった週末、やっと出かけてくることが出来ました。


d0107204_16353743.jpg



例年は平日にしか足を運んだ事がなく、
週末の久々の晴れ間、それは大混雑の梨狩りとなりました。


d0107204_1792897.jpg




と言いましてもそこは広大な梨畑で、
実のなる木の下、のんびりと梨を頬張る風景はぽらりと広がって。

梨の木の陰で涼しく過ごせることは例年の経験から承知の事、
今年はちょうどお昼時にかかることもあってお弁当も持参しました。



d0107204_16365440.jpg



梨もお腹をこわすのではないかと言うほど食べた上・・・
・・・はぁ・・・立派なお腹です・・・(笑)

少し多めの水分を含んだ土の上にグリーンの絨毯も広がっていて
手にとっては梨の甘い果汁を滴らせながら
もちろん私たちも思う存分頬張って参りましたよ。


d0107204_16364644.jpg



この地区で採れる梨、ひとつのブランドになりつつありますが、
ここの高原、ここの農園、農園の方の助言で自分で見立て採る梨が一番の美味しさ、と
決めてかかることもこういう場合ちょっと大切なことかナ・・・
例年の我が家の行事となって
毎年採り溜める写真を見返してみると
梨にかじりついている子どもたちが1年1年大きくなっているのをまざまざと感じます。
今年も美味しそうに梨を頬張る子どもたちをカメラで覗きながら
そんな風に思いました。


d0107204_16362569.jpg



雨の続いた前後、ガラッと秋の気配に変わってホッとする反面どこか寂しくもありました。
夏の暑さがすっかり戻ってきた夏休みの終わり、
秋はやっぱり待ち遠しい・・・
夏はやっぱりこうでなくっちゃ。



[PR]
# by luxeliving | 2008-09-02 17:19 | おでかけ
避暑
                                                                       

例年同じような風景ばかりでupするのが申し訳ないくらいですが・・・(笑)
この休暇も夫と私の里を順に巡ってまいりました。
長く滞在する間には小さな動物園やサファリなど、
夏休みらしく子どもたちが非日常を肌で感じてくれればと選んだ場所にも。


それから癒しの場所ももちろんプラス。
家族でそぞろ歩いたり、馴染みのティールームで涼をとったり。

夫が娘たちを温泉に連れていくと
私もひとり、緑の中の彩りを満喫することができました。



d0107204_17341420.jpgd0107204_17333099.jpgd0107204_17335257.jpg
d0107204_17332062.jpgd0107204_17342887.jpgd0107204_17455989.jpg




空は少し雲が多く、少しグレーがかっていたのですが、
やはり濃い緑の中はとても居心地のいいものでした。



d0107204_245495.jpg




毎回こちらで求めるもの、野の花の便箋、焙じ茶。
なくなり方のサイクルがちょうどいいものです。
それに季節の瓶詰めをカゴに加えたり、常備の薬味を補充したり。

それから今回は2年ほど前に揃えたガラスのモールを、
5つ揃えたうちのひとつを割ってしまっていたために揃えなおしました。


そこに行けばきちんとある食器、割れてしまうものだけあって
そういうお店があるのはとても嬉しいこと。
作家さん手作りのワイングラスなので、
厳密に言えばひとつひとつ違うものなのだけれど。




d0107204_2133695.jpgd0107204_2135064.jpgd0107204_214395.jpg
d0107204_325941.jpgd0107204_323795.jpgd0107204_332659.jpg



実は少し迷った別のガラス食器、アンティークの漆器もあったりして、
また冬に訪れる際までの時間もありがたいナ・・・



d0107204_16381130.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2008-08-17 03:06 | おでかけ
ぽにょの赤いワンピース
                                                                     

崖の上のポニョを観てきました。
次女は映画館デビューです。
春、新しくオープンした映画館のプレイベントに招待していただいた際、
入った暗がりの館内に怖がって上映前に出てしまって以来の映画館。
大丈夫かしら・・・
かなり心配しておりました。




d0107204_129552.jpg



でもそこはポニョですね^^
「ほにょ!」と喜んで最後まで観てくれました。





d0107204_12101811.jpg




翌日は張り切ってポニョスタイルの次女。
この日は照りつける太陽の下、午前中から近くの公園です。

ポニョも宗介くんも5歳だそうですが、同じ5歳の長女より
2歳半の次女になんだか姿が重なってしまいました。





d0107204_1294345.jpg




ポニョや宗介クンの愛らしさともうひとつ、
なによりリサさんがとても素敵でした。
娘たちがポニョのお歌を口ずさむたび
私もリサさんの芯のある優しさを思い出します。






d0107204_061643.jpg


ポニョにご縁のある港町。
映像でも極彩色でとても素敵な街並みに描かれていました。






=追記=

相変わらず、しばらくの間お顔の食べられなかった長女です。



d0107204_1230485.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2008-08-02 23:47 | おでかけ
5th birthday
                                                              


夏に迎える長女のお誕生日。
毎年この季節になると特に感じるグンと伸びた手足、
今年も例外ではありません。



お誕生日の夜、鯛の塩釜焼きでお祝いしました。


d0107204_13335753.jpgd0107204_1334835.jpgd0107204_13341980.jpg








祖父母やいとこたちからも贈り物が届きました。
その中のひとつ、「おひめさまになりたい」という願いも
少しだけ叶えられることになりました。



d0107204_1332668.jpgd0107204_13321661.jpgd0107204_13322691.jpg




私たちからはライラックのドレスにあわせたネックレス、
それから娘の名前にちなんだ絵本と
仕組みを考える図鑑。

子どもの毎日が発見の連続となりますように。



d0107204_13354193.jpgd0107204_1336893.jpgd0107204_13352423.jpg




お腹から出てきてくれてすぐに握りしめた小さな小さな手。
お膝の上であやすと見せてくれた笑顔。
私をはいはいで追ってくれた姿。
初めて数歩歩いた時の得意なお顔。
妹の頭を初めてなでてくれたぷくぷくの手・・・・


まだ出来ないからと私の手が出る次女に対し、
長女には、もう出来るでしょうとつい任せっきりにしてしまうこともよくあります。
まだ5年しか生きてない女の子だということは忘れて。

眠たくて眠たくてワンワンと泣いてしまった昨夜、
ぎゅ~っとぎゅ~っと抱きしめて背中をなでてやりました。
いい子だね、いい子だね、大好きよ・・・
そんなことを言ったかしら、
大粒の涙がぴたりと止まりました。


大きくなるにつれて抱きしめることを少し忘れてしまっていました。
ごめんねと心の中で娘に謝るとふと
産まれてきてくれてから今までの私と娘との思い出が甦りました。
そこに加わった5歳の娘。
私の手のひらに挟まれた、泣き止んだばかり、涙でぐちゃぐちゃのまんまるなお顔です。
[PR]
# by luxeliving | 2008-08-01 14:22 | 子どものこと
海と花火
                                                                 

連日暑い日が続きます。
時折りの夕立が空気をそっと涼しくしてくれると
ちょっとホッとしたりもします。



週末、花火大会に出かけました。


d0107204_1172199.jpg



春の終わりに見た花火に輪をかけて大きな大輪の花。
次女は、周囲の桟敷に座る方々からクスリと声が漏れるほど
声を上げてはしゃいでおりました。
ひとしきり打ち上げられる花火と一緒に飛び上がっていた娘たちも
すぐにカキ氷や夫のビール・・・
お供のほうに夢中でしたけれど。


コンクリートから昼の暑さが伝わってくるのを感じながら
重なって降るように打ち上げられる花火をほわりと見つめると
日本の夏、やっぱり素敵だナと感じます。
暑さに思わずくじけてしまうことはちょっと忘れて。(笑)

結婚が決まった時に私の実家で用意した夫の浴衣、
長女が産まれる前にこの花火大会で袖を通して以来箪笥に眠ったままです。
子どもたちにも催促されておりましたが
今年もきっと「抱っこ」なんて言われるだろうからという理由で
依然眠ったままとなっています。
抱っこを言わなくなったら着るよなんて娘たちに宣言していましたが、
今年の花火を振り返ってみれば・・・
言わなかったのですよね、「抱っこ」。

来年は袖を通してくれるかしら、ね。




浴衣に糊を通し、しずくを落としながら揺れていた翌日の午前、
前日から楽しみにしていた海水浴へと出かけました。
膨らませていた浮き輪は前日から離さず。


d0107204_0454100.jpg



空も海も青色が濃く、ここへ来てやっと夏本番との思いを新たにします。
海の水は冷たくて、水しぶきと遊んでいると時間を忘れるようです。
砂浜で楽しそうに遊ぶ娘たちを見ている私としては・・・
暑かったですよ~(笑)

[PR]
# by luxeliving | 2008-07-31 00:01 | おでかけ
夏休み
                                                                 

夏休みに入ってすぐ、
来月からお仕事に復帰するお友達のうちに遊びに行かせて頂きました。
お庭でプールしましょう、それからお昼はお素麺と唐揚げでよいかな?なんて・・・
もう子どもたちのゴールデンコースです。

私は先日のチーズケーキを再び作り持参いたしました。
今回のソースは手製のジャムでなく買い求めたものですが、
美味しくて度々お友達にオススメしている夏のジャムを
簡単にラッピングして添えてみました。


d0107204_17411097.jpg



数年前、お中元として差し上げたところ、贈り物のセットの中に入っていたもので、
先様からこのマーマレード、絶賛していただきました。
その時にお味見させていただいて以来、
我が家でも単品でよく購入しております。
きっとお近くのパン屋さんに置いてあるのでは?と思うので、
もしよかったら手に取ってみてください。
爽やかで数種の厚切り柑橘の美味しさを感じられる本当におすすめのマーマレードです。


4種の柑橘のマーマレード
アンデルセン






d0107204_1240893.jpg
広々とした庭先で大きめのプールに水を溜め、
子どもたちが揃って水しぶきをあげているころに
私たちはランチの準備。
夏野菜も天ぷらにして唐揚げやお素麺と並べました。
キッチン前でのおしゃべりもまたしばらくお預けです。
彼女の育児休暇が終われば
またしばらくはこんな平日のお昼下がり、
会えないですものね。
少し寂しいナ・・・





子どもたちは、大人の気持ちはさておいて
プールやお素麺だけでなく西瓜にカキ氷・・・夏を満喫しておりました。
ご実家のおばあちゃんが作られたという大きな西瓜は
とても瑞々しくてジューシー。
黒々とした種がどうしても気になる長女。
この種を埋めたら西瓜ができるんだよね、と大切にとっています。
すぐにでも埋めるという逸る気持ち?をなんとかなだめ
こうして毎日眺めさせています。


いつ種まきをすれば良いのか一緒にきちんと調べてからねって
そんな意味でもあるのですが、
本当に芽が出るのをどこか私も期待しているのかもしれません。



d0107204_1754222.jpg


[PR]
# by luxeliving | 2008-07-30 10:51 | おでかけ
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp