海の風


弟家族と日程の調整をした春の休日、久しぶりの里帰りをしました。
春から夏にかけてベストシーズンの観光地である里の家から海側に出ると、
ドライブコースが広がる気持ちのいい田舎道。


暮れに新しくオープンしたカフェへ。
抜けるような空の休日、予想通りカラフルなサイクリングスーツに身を包んだサイクリストで溢れていた店先。
ちょうどサイクリングコースの脇、おまけにお店のすぐ前には穏やかな海が広がります。
地の雰囲気を活かしたナチュラルな店内です。
そこに植物がたっぷりと散りばめられていてやっぱりホッとします。
店内で使われる食器はすべて島に在住の作家さんの作品だそう。
自然で使いやすいデザインながら触れると温もりのある感触。
温かい作品です。


d0107204_16472620.jpg



お昼時ギリギリ滑り込みで、お目当ての一つのスイーツは今回我慢。
何故ラーメン?とのメニューですが、一応名物ですからね(笑)
さっぱりと優しい味でしたよ~
メインは海鮮丼。幼いころから味わってきた活きの良い魚の味、鮮度にはめっぽううるさいです(笑)
厚みのせいもあり歯ごたえもあってとっても美味しかった!
[PR]
# by luxeliving | 2015-03-29 00:00 | おでかけ
春の色



春のうつわ展とのお葉書をいただき井山三希子さんの展示会へ伺いました。
DMには今まで目にしたことのなかった淡いカラーに彩られ、独特のエッジの効いた器たち。



d0107204_1831281.jpg



予想はしていたけれども、ものすごい人で初日のランチタイムにウキウキと足を運んだ店内でしたが、
早々に器が無くなっていく様子とともにかなり焦りました(苦笑)

春といえば淡い桃色ばかりが浮かびますが、綺麗な透き通るような青も春の色なんだと教えていただいた器。
絶対白いお料理が合う!とこの綺麗な青を井山さんご自身に包んでいただき持って帰りました。
レアチーズケーキ。
まずは浮かんだ白のお料理ですが、ふと下向きに花瓶に活けたクリスマスローズを水盤のように活けなおすことを思いつきました。

毎年春の訪れと共に叔母から届く安政柑という名前の柑橘。
新調した電話のケースもニュアンスグレーの春の色。
[PR]
# by luxeliving | 2015-03-22 00:00
夕暮れ



暖かい日と肌寒い日が交互にやってくる春への序章。
ヒヤシンスもそろそろ終わりです。



d0107204_1925345.jpg



春からジャンプ。
新しいことが始まると思うとやっぱり心配よりも好奇心の方が勝ってしまう性格。
ちょっとだけ認めてもらった気もして、誇らしい気持ちもあります。
季節に心動かされることに純粋に喜びを感じつつも
季節にだけ囚われるより、苦しいことも覚悟して心も体も気持ちも動かせることが素直に嬉しい。
だからきっと季節が移り変わることがいろんな風を運んでくれることに
心をぎゅっと掴まれている。


春はすぐそこ。
冬の終わりの夕暮れの紫。
[PR]
# by luxeliving | 2015-03-15 00:00 | ある日
雨のち晴れ


新しいお友達をお招きしました。
迫る来年度発足の同好会メンバー。
深いお付き合いには至っていなかった娘の小学校からのご縁。
趣味から芽の出る友人はやっぱりこの先永いお付き合いになりそうな予感です。


d0107204_2236439.jpg



前日からの仕込みは野菜のテリーヌ。
そこに生ハムと菜の花のカルボナーラ、マグロとアボガドのタルタル和え、ブロッコリーのスープ、ミニクロワッサン・・・
テーブルには LINEN & DECOR さんで求めたテーブルクロスを。
サンドカラーのフレームは隠れていますが、雰囲気の中に落ち着きと品の良さを見事に差し込んでくれています。


4人で子どもとの関わりの中での笑い話、そして発足に向けての同好会のお話・・・と敢えてカメラは構えず楽しい時間を過ごしました。
茶花のために作ったお庭ではないのですが、やはり私の方向がどうやらそちらを向いていて、
お稽古の際、床に飾るお花が季節によっては我が家のお庭から持ってゆけそう。
事前にお願いしていた本をお借り出来ることになりました。


朝、土砂降りの雨の中子どもたちを送り出し、お友達を迎える時間も夕刻あがるとの天気予報が信じられないような大粒の雨。
だけれどそこは近頃優秀なお天気情報。予報通りちょうど帰る時間には日も射し始めました。
娘がご縁ではあったけれども、ここは純粋に趣味を介して出会えた大人女子の会。
名残りのお雛祭りとなりました。
[PR]
# by luxeliving | 2015-03-09 00:00 | ある日
春を待つ日々


春は「期待」です。
スタートに向けてのちょっとした準備運動のような。



d0107204_0351721.jpg




庭のマンサクは春告げの花。ゆっくりと黄色い華奢な花弁が開き始めました。
花弁を濡らす雨。
お陰で明日の朝の寒さは随分と和らぐそう。

ヒヤシンスの隣のクロッカスはまだ控え選手に徹しています。
家の中にいて、雨風に晒されない分のんびりしてるようにも見えるかな。

食卓にポールのパンを。
やっぱり好きなのはブリオッシュ。甘く仕上げているところが遊び心を感じてしまうところ。

お友達にお土産で持たせてもらったピクルスの瓶。
カラフルな瓶は、まずはこのままでビタミンカラーを楽しんで・・という彼女のメッセージ。
もう少しだけ季節が進んだらいただこう。

今日開けた湯布院の瓶。無量塔のお夕飯とお夜食にも添えてあった宿オリジナルのいりこ味噌です。
食卓では4年前の記憶が話題に上り、そして来年の記念日にもとのリクエストも上がり・・・

休日にもたくさんのテキストで重たくなったリュックサックを持って出かける長女の、
僅かな休憩時間に摂るというお夜食代わりの小さな小さなおむすびの中にも、
今日はこのいりこ味噌を忍ばせました。



春はそこまで。
[PR]
# by luxeliving | 2015-02-22 00:00 | ある日
カトラリーにまつわるエトセトラ


クチポールのブラックはカジュアルで普段使いに馴染みの良いライン。
クリストフルのテネレはちょっと気取ったライン。
うっかりすると黒くなり始めるのであまり時間を空けずご機嫌を伺わなくてはならないカトラリー。
何年か前にまずは・・と買い揃え始めましたが、なかなかフォークから先に進めずにいます(笑)



d0107204_19205888.jpg




水牛のカフェスプーンもブラックが効いてるお気に入りのもの。
以前宿泊した無量塔で記念日だからといただいた夫婦箸も普段の食事のお箸と共にこちらに。

4つに分けたカトラリーボックスはキッチンシンクの引出しに合わせて作りました。
お茶の時間、ランチタイム・・・などこのテーブルシーンにはこのカトラリーを、と
パッとテーブルに出せるところが便利です。


洗いものを済ませ、艶感を失い始めた木工のヒメフォークをウォールナットオイルに浸け込み終え淹れたアールグレイ。
湯気の向こうはグレーカラーの冬の空。
バターサンドの鮮やかな赤が訳もなく嬉しくなったりします。
[PR]
# by luxeliving | 2015-02-12 00:00 | handmade
お茶を淹れながら・・・


友人宅でお茶をいただきながら針仕事。
以前私から彼女に贈った LETTER FOR YOU のフレグランスピローサシェをモデルに
二段重ねのサシェを縫いました。


d0107204_23381443.jpg



お茶を淹れながらお喋りしながらの針運びは
布合わせやリボン合わせの一人では味わえない楽しさがあります。
[PR]
# by luxeliving | 2015-02-02 00:00 | handmade
贈られること。


ちゃんと私のお誕生日のその日にオメデトウのメッセージと一緒に届くプレゼントの包み。
1年の感謝を込めてリボンをほどきました。


d0107204_16495593.jpg



真珠のあしらわれたつまみがポイントのジュエリーボックス。
緋色を贈ってくれた友人の目線に、今までの彼女との遣り取りの長さをふと感じて
アクセサリーを入れながら頬が緩みました。
さっそくベッドサイドのナイトテーブルの上に。
出掛ける前の仕上げに覗き込むたび優しい気持ちになって・・・いざ出発!


冬の美しさと可愛らしさを閉じ込めた英国製のキャンドル。
雪深いシンとした田舎町の家屋がその世界と一緒に閉じ込められています。
「私も持っているのだけれどなかなか火が灯せなくて・・・」のコメントと共に。
うん、分かる気がする・・・(笑)
娘たちは可愛らしさに感嘆しながらも不思議がり、触りたい気持ちを抑えられない^^;
通るたび覗き込む楽しさもあり、一番目につくコンソールの上に。


楽しみを共有したり、落ち込んだ時には一緒に励まし合ってきた時間に感謝する一日。

Thanks!
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-30 00:00 | Thanks!
お誕生日には・・


お正月の慌しさがひと段落ついた頃、次女の産まれた記念日がやってきます。

毎年、娘たちのお誕生日プレゼントは本と決めて贈っています。
小さな頃には大きくなっても心動かされる絵本を、
最近の長女には、胸に抱く大きな夢の世界の最前線と現実・可能性の綴られたノンフィクションを。


d0107204_23144121.jpg



今年、次女の誕生の記念に選んだのは写真の美しい博物学大図鑑。
ベニテングダケの老化の様子にクスリ^^
娘たちは二人で図鑑を広げ、しばらくキノコのページで楽しそうでした。
見つけた「キツネノロウソク」の名前にも大はしゃぎです。


パラパラとひとりで捲っていた次女が「あ、お洒落な鳥!」と手を止めたのが
シックでリッチなな襟巻を巻いたマダムなシギ。
そしてその数ページ後にはパリコレのランウェイをウォーキングしているような鳩。

このコメントが実に次女らしく、この図鑑を選んだ次女の目線もまた次女の個性と妙に落ち着いたものです。



人生においていつも不思議に迷い・問い・答えを導き出そうと考え続けることのできる人であってほしいと思っています。
その背中を時にそっと押し、時に一緒に考えて迷ってあげられる母親でありたいな、とも。
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-18 00:00 | 子どものこと
5分のhandmade


ジュエリーボックスに何十年も眠り続けていた母の小さなブローチが眠りに覚めた秋のある日、
私のブローチ集めがスタートしました。


世界がギュッと1点に詰まっているところにとても惹かれます。
目線がグッと上にあがるのも好き。
だからあまり大きすぎるのは苦手です。
と言っても、シチュエーションや合わせたい洋服を考えると集まるのは様々。


母が若いころ持っていたものは小さなカフスにも似た小さな螺鈿のようなブローチ。
真珠貝の持つ奥行きのある光沢感が絶妙な大きさと形でシンプルに輝くところが、古さゆえのいい味を醸し出していました。


d0107204_18224575.jpg



次に求めたのはデパートのブティックでキラキラ輝いていた華やかなフラワービジュー。
素敵な色が揃っているばっかりにすいぶんと迷って、お店のお洋服にいろいろ合わせさせていただき決めたのですが、
結局大好きなグリーンに。

黒のコクーンワンピースのタックを取っている胸の部分にはタックのラインに沿う大きめのブローチを。


先日アクセサリーショップでプチプライスの素敵なピアスを見つけました。
パッと目にしたときからイメージはブローチ(笑)
早速後ろのカンを取ってピンを取り付けました。
ネイビー×ネイビー。
厚めウールのぺプラムプルオーバーにとてもよく合います。
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-11 00:00 | my favorite・・・
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル
住まいとくらし
日々の出来事

画像一覧