夫の居ぬ間


すっかり秋めいてきましたね。
このところの寒さで楓公園の紅葉のスピードに追いついた我が家の紅葉、
ヤマボウシにドウダンツツジ、イロハモミジ・・・日に日に赤く色付いてきました。


お友達を招いてのランチ会、いつもの話題にちょっと開放感が漂うのは
1週間ほどの出張による夫の不在でしょうか。
アメリカ・シカゴはどうやらこちらよりもう少し季節が進んでいる様子。
海の向こうのお土産話は楽しみにしつつも、こちらでもいつもとはなんとなく違う夜のゆるりを楽しまなくちゃ。


秋らしい坊ちゃん南瓜のグラタン詰め、メインはライトにそば粉のガレット、
いつものクロワッサンと食前酒にスパークリングワインを。


d0107204_18255367.jpg



いつも美味しいお土産を持っててくれる彼女からはフランス紅茶と
姿の可愛いオリーブオイルをいただきました。
ダマン・フレールは№19のアップル、甘酸っぱい香りとコクのある味わいの紅茶です。
愛らしい姿はマンダリンオレンジの香りが封じ込められたオリーブオイルでした。

お互い夜までゆっくりできたので、夕食には娘たちも加え、鯵の南蛮漬けを炊き込みご飯と合わせます。



d0107204_18261347.jpg




秋の夜長に長々とお喋りの時間。
結局娘たちがベッドに入るのを見届けてやっと名残惜しくも彼女を見送りました。
・・・久しぶりにちょっと不良の気分です。(笑)
[PR]
# by luxeliving | 2013-11-13 00:00 | ある日
暮らしの中の色


今年は何度となく訪れた台風。
過ぎ去るごとに季節が深まります。
暑い日がつい最近まで続いてたので、私も先日は体調を崩し、
先週末は身体を休めるための休日でした。

体調を取り戻すと共に復活したのが春以来の底無しの食欲。
学校の学年ごとにある保護者の懇談会、・・・という名のホテルランチ会ですが・・・
体調が戻るのと同時のいいタイミング、今週始めに出席しました。

前菜・スープ・メイン・パン・デザート・・・と続くコース料理でしたが、
ホテルを出たあともイマイチ足りず、
帰ってキッチンでお餅を焼きました・・・(笑)


d0107204_17105159.jpg



今年も紅玉のジャムを。
選んだ林檎は、中でも一番熟れていた真紅の林檎。
そのせいか今年のジャム、深い赤色に仕上がりました。
週末の朝食に、ひと瓶無くなっては開け、またひと瓶・・という感じで無くなっていっています。
友人にも衣装を着せてお裾分け。

林檎と生姜のパンケーキを焼いたので、こちらにも添えて。
この日合わせたのは、ローズヒップとカシスの飲むお酢をホットで。
赤に「綺麗」ももちろん上乗せて!



金曜日、お花を選んで帰りました。
ダリア、ケイトウ、アマランサス、百日草・・・
ゴシックな花器に合わせて選んだこちらも秋色のプチブーケ。
[PR]
# by luxeliving | 2013-10-26 00:00 | my favorite・・・
秋の贅沢


毎年欠かさない栗の渋皮煮作り、家族がそろそろ?と楽しみにしてくれるようになりました。
今年の栗は地元産。
友人と出掛けた八百屋さんで艶っぽい大粒の栗を見つけました。

ホテルの和食ランチを楽しんだ後、彼女にオススメしようと行きつけの器屋さんを案内してみました。
ちょうど輪島塗の赤木さんの展示会の最中。
棚に並ぶのはあの重厚感の中にもモダンが生きている塗りの数々。
あれがいいね、これがいいねと楽しんでいる最中彼女の目に止まったのが、
何気ない椅子用の織物でした。



d0107204_17265821.jpg




いつか我が家にも迎え入れたい、と思っているチャイニーズ・ラグのお店。
この小さな織物の世界がちょっとだけ味わえるから、と勢いでそのままそちらにも案内してみました。

実際にはサイズのことなどクリアにしなくてはいけませんし、
(もちろんその素敵なお値段にも!)
すぐにその敷物の世界をお持ち帰り、というわけにはいきませんが、
マダムに敷物の素敵な世界と、洗練されたセンスを楽しませていただいた心地よい時空間でした。


先日トップデザイナーの自邸特集ということで購入したエル・デコ。
表紙のラグもチャイニーズ・ラグとのことで、こちらの店内にもさりげなく置いてあった雑誌です。
帰って改めてページを捲っています。


我が家をこのくらい大人びた空間に仕上げるには、もう少しの年月とかなりのセンスアップが必要・・・かナ?!



その後、彼女に案内してもらった街中に穴場的に存在する八百屋さん。
珍しい果物もお野菜、どれも新鮮でお値段も手頃!
さてさて、栗の出処にやっとたどり着きました^^


ミシンの出番のお話は・・・今回はナシですね(笑)
[PR]
# by luxeliving | 2013-10-14 00:00 | my favorite・・・
写真日和



先日友人と写真教室に出掛けてきました。

カメラの基礎的なお話と実践という授業。
実は今までにも行ったことがないわけではありません。
我流で一眼レフを触りながら覚えたこともあるけれど、
教えていただける先生がとても魅力的だったこと、
被写体のケーキをお腹いっぱいいただけること・・・・(笑)

カメラの腕が上がったとは思いませんが(苦笑)
いい雰囲気で丁寧に教えていただいて、とても素敵な会の思い出となりました。


d0107204_1122611.jpg



ケーキ、もちろんお腹いっぱいいただけました♪
前後の時間は友人とおうちで軽く昼食を摂ったり、お茶を愉しみながらのお喋りタイムです。

バゲットには海老とアボガドを柚子胡椒で和えた大人のサンドイッチ、
それから定番の卵をたっぷり挟んだサンドイッチにビシソワーズとブラッドオレンジの野菜ジュースを加え、
ケーキでいっぱいにしたお腹の隙間を埋めます^^


友人のお土産、チェリービネガー!
早速ドレッシングにして頂いています。
錆びない身体作りに内側から貢献してくれる嬉しいお土産。


体に纒わり付いていた夏の湿った空気が、少しひんやりとし始め、さらりと体を撫でるようになりました。
栗の木が実を落とし始めたのと同じ頃、一昨年庭に植えた時計草が初めて花を付けました。
[PR]
# by luxeliving | 2013-09-16 00:00 | ある日
残り物には・・・


出遅れ感に煽られながら・・というお買い物ってやっぱりいいお買い物ができないこと、
結局箪笥の肥やしになってしまって、失敗は今までのお買い物で立証済み。


お買いものに焦りは禁物。


わかっているつもりでも年に1枚くらいはそんなお品が存在しますが。(笑)

夏も終わり、お安くなっているものの中に素敵なものを見つけるのは至難の業。
これは!と思ったものはセールの前か始まったばかりの時分にすでに購入済みでもあるし・・・
あまり気持ちも上向かない時にたまたま見つけたこの夏の残り物。
これは間違いなく「福」ですよね?!



d0107204_18363282.jpg




七分のお袖のコットンカーデ、お色はフラッグブルー。
鮮やかなブルーが今年らしいといえば今年らしい?
今季はブランドタグのデザインも、どうやら look book のイメージもガラリ明るくなっているようですね。

丈感も、私の最近のワンピースやスカートスタイルにちょうど合う^^
イメージもすんなりと出来たのでなおOK♪




お盆休み後半、気になっていたバスルームの大掃除をしました。
カビ取り剤で目地のカビを落とし、
アルミ微粒子付きスポンジでタイルの汚れを隅から順番に擦って落とし、
最後にお風呂の燻煙剤で「Ag」コート!
さっぱりしました~^^



美味しいもの、ショッピング、お掃除・・・エネルギーチャージ完了したところで気合も十分。
みなさん、残りの夏も頑張っていきましょう!
[PR]
# by luxeliving | 2013-08-20 00:00 | おかいもの
湯布院の風にあたって



毎日暑い日が続いていますね。

我が家でもいつもの夏を過ごしています。
賑やかな子どもたちの時間、お茶を飲みながらひととき冷房の効いた部屋での森林浴、
小さなマーケットで美味しいもの探し・・・

欠かせない夏のお楽しみでもあります。


d0107204_17524365.jpg




午前中のうちには売り切れになってしまうアップルパイ、ホットディンブラと一緒に楽しませていただきました。
夫はアイスカフェオレ、娘たちはたまごアイス、安心院のぶどうジュースと。

お楽しみをギュッと詰めた瓶は温デコポンのコンフィチュールと定番紅玉ジャム、
それからごま出汁の瓶です。
「ごまだし」は佐伯湾のエソを焼いてほぐし、味噌といりゴマとを合わせたと伝統の手作り調味料だとか。
説明書きにちょっとワクワクして手に取ってみました。

調理の一例にはお湯で溶くだけでお吸い物にもなるなんて書いてあって、
手抜きの朝食にも美味を楽しめるなんて・・・と嬉しくなってしまいます(笑)


そうそう、今年の話題は帰省の往路。
娘たちが初めて子どもだけで新幹線を乗り継ぎ1日早い里入りを果たしました。
前日までに入念なメモを取り、指定席の場所や途中20分間での乗り換えをイメージ。
おかげでお迎えに来てもらった祖父たちとはごくごくスムーズに感激の再会を果たしたそう。

経験が子どもたちを強くし、大きな自信となりますように。




遊んだあとの疲れをゆっくりと取りながら、残りの夏を乗り切るとまた次の季節。


山百合が咲き乱れ、トンボが川の上をたくさん飛び始めました。
[PR]
# by luxeliving | 2013-08-16 00:00 | おでかけ
birthday party



長女のお誕生会にお友達が集まってくれました。

とにかく社交的でカラッとした性格が幸いして、いろんなお友達が娘のために集まってくれます。
毎年お誕生会には10人を超えるお友達が遊びに来てくれるのですが、
今年も数えれば14人!

ママたちも入れるとリビングには20人のお客様がテーブルを囲んでくれることになりました。


d0107204_1665638.jpg



ケーキは2ホール!を準備、お礼のお土産にも娘たちと一緒にお手紙を付けます。
テーブルの上は例年と変わらずお寿司やサンドイッチを準備しただけですが、
外は暑いですからね、飲み物は多めを準備。
今年らしさはシャインマスカットを乗せたところ。
子どもにも美味しさは分かるのか売れ行きは上々。おかげで大人の口には入りませんでしたが(笑)

持って来てくださるスイーツを実はちょっとだけあてにさせていただいて、
子どもたちがテーブルから外れたら、久しぶりに大人たちだけで話の花を咲かせました^^


皆さんに名残惜しくもさよならをして、片付けを始めた頃、娘が言うんです。本当にいい一日だったって。

まだまだ「ママ、ありがとう。」なんて上手は言えませんが(笑)
娘の幸せそうな顔を見るため、それから娘を囲んでくれるお友達にも楽しい時間になってくれればやっぱり嬉しい。


今年は10歳になった記念のお誕生会。いつまでこんな会をしてあげられるかなナ。


お誕生日、おめでとう!
[PR]
# by luxeliving | 2013-08-07 00:00 | 子どものこと
暑中お見舞い申し上げます



暑い日が続きますが、元気な子どもたちに負けず、夏を楽しみたいですよね。
いろいろな計画、どれも良い思い出になりますように。


d0107204_15505711.jpg

[PR]
# by luxeliving | 2013-07-26 00:00 | ごあいさつ
街歩き


お友達に誘われて出掛けたデパートの京都展、珈琲屋さんのお抹茶パフェをいただきました^^
小さなお土産は ラミ デュ パン のブルーパン♪
果物のピールが爽やかで、シナモンなどのスパイスも絶妙!
リキュールの効かせてあるパンケーキですが、娘たちも「最高に美味しい♪」と頬張る小さなパンケーキ。



d0107204_22161913.jpg




最近の「美味しい!」ヒットはまだまだあります。
アフタヌーンティーの希釈用チャイシロップ。
少し濃い目に入れ、冷たい氷とミルクとで割るのですが、ミルクをカルピスに変えていただくと酸味が爽やかで、
でも口当たりはしっかりとしていて、とっても美味しい。
カルピスとチャイ、しばらくはまっているコラボレーションです。



先日、三谷龍二さんの展覧会の案内をいただき、久しぶりにあの独特の木の質感にお会いできる、と
初日にお伺いしました。
かなり久しぶりの会で、新しい作風の作品にもワクワクして足を運んだのですが・・・
・・・知らなかったわけではないのですが、三谷さん、かなり「時のヒト」なのですねぇ・・・

夕方、素敵な作品に出会えればもちろん我が家の食器棚に加えさせていただこう、くらいの勢いでお伺いしました。
1Fはやっぱりお品をおうちに迎えんといろんな方向から定めているご夫婦。
そちらにお付き合いされているオーナーでしたので、では先に2Fから、と階段を上がったのですが、
棚には著書の本が数冊のみ。
あら・・・今回はお品の出品が少ないのね??とちょっと落胆していましたら、声をかけくださった方「2階は全部売り切れちゃったそうなんですよ」


びっくりしたのは間違いなくて思わず聞き返していましました。
どうやら所狭しと並べられていた作品は開店1時間で完売したそう。

さらにビックリ。

気を取り直し、1Fで私も拝見しましょう、と降り気になった小さな山桜の時計のお値段を訊ねたところ・・・


○○○○円なのですが・・・実は抽選で購入できる方を決めさせていただくのです、とのこと。
さらにさらに、ビックリ。


なんと夜中の3時にお店の前に並ばれた方や、遠方から新幹線で来られ、作品に触れて帰られるという方もいたとか。


我が家の1本消えてしまったフォークの行方が殊更気になり始めました。(笑)
それから世の中の勢いみたいなものにちょっと唖然としつつ、
もう5年も前に購入した我が家のウォールクロックを見上げます。
う~ん・・・・




街歩き、と言えばここ最近店頭に並べられるクリアランスの文字。
今年はお買い物シーズンが前倒しでやってきましたよね。
そろそろ夏のものは終わりにしようと、と思っても暑さはピーク。
ふらりと入った店内で、やっぱり迷っている私がいます。(笑)

今シーズン、私のクローゼットではいつもに増してドットの勢力が拡大中です。
[PR]
# by luxeliving | 2013-07-20 00:00 | ある日
キッチン事情


昨年の夏、バーミックスを購入しました。
購入して1年。夏にはスムージーや冷製スープ、冬にはポタージュとなかなかの働き者です。
でも今のところミンサー以外の出番は無し。
クイジナートのフードプロセッサーと機能の重なる部分は慣れからクイジナートに軍配なんですから。
ヴィタントニオのハンドミキサーの使い心地もお気に入り。
とすると、いざという出番はつみれを作るとき???

にしても、テーブルが賑やかになったことは間違いなく、我が家の夏の朝にバーミックスは欠かせなくなってきました。
ベリーを入れたり、大葉を入れたり、ガラスを染めるカラーもお楽しみのひとつです。



d0107204_17345897.jpg




調味料は地元のものを多く使っています。
このオイスターソース、添加物がなく一般のオイスターソースに比べてうま味成分も塩分濃度も凝縮されているソースです。
なんにでも隠し味としてひと振りすると、味に奥行が出て本当に美味しい!


私がハーブソルトを多用するのを知っている友人からたくさんハーブソルトのお土産をいただいちゃいました。
・・・でも彼女はジャケ買いだそうですけれど^^
うん、確かに可愛い♪

ほんのひとつまみ、のお塩。
お魚やお肉にしっかりお味をつけたいときは藻塩の出番。
私はトマトにも定番にしちゃってますけどね。
しっかりなお味のお塩です。


可愛い絵本のクッキングブック、2年ほど前に娘たちにプレゼントしたものです。
美味しそうな写真とわかり易い手順のイラストでイタリアンにすっかり夢中です。
食いしん坊な長女は早速付箋でチェック。
タリアテッレ、フォカッチャ、鶏肉とオリーブのトマトソース煮、あとデザート系はなんでしたっけ・・・
食指が動かされるものにはしっかり付箋が貼られていました。
・・・食の好みにはやっぱり親子だなぁ・・・と感じます。(笑)
[PR]
# by luxeliving | 2013-07-15 00:00 | キッチン
天の川


いつもの通勤電車に乗り込んだ今朝、途端に優しい紙の川の中に居ました。
見上げると車両の天井から折り紙で作られたボンボリ・輪飾り・貝飾り・吹流し・・・


空は薄曇りの梅雨空。
暑さは少し遠のいているものの空の色はやっぱり冴えない。
唯一救いは週末がそこまで近づいているということ。

ルーティンの中の楽しみに先日買ったばかりのハードカバーをバッグに入れたばかり。
昨夜の続きを楽しまんとばかり乗り込んだ電車でした。


d0107204_21133982.jpg




出掛けの洋服選びに少し手間取ってしまって座席の確保は諦めていましたが、
突然の紙のシャワーに、引っ詰めていた気持ちがフッと緩みます。
車両の端の柱にはいろんな表情の紙のかたつむりも並んでる・・・
吊り輪に手を掛けるとその吊り輪の渡し棒に幼稚園の印の短冊がお行儀よく並んで下がっていました。


「うちゅういちはやくはしりたい」
「ようちえんのせんせいになれますように」
「おはなやさんになりたいです」


正しい場所とは違う場所で撥ねたかわいい平仮名です^^


それほど昔のことではないはずなのに、やっぱり娘たちが園の制服を着ていた頃が思い出されました。
懐かしいなぁ・・・可愛いなぁ・・・


まもなく空いた席、どこか清らかで和やかな空気の中数分、
開いた1980年代、スイス・バーゼルという本の世界へ。




昨日から夫は出張で不在。
羽が少し伸びているかな・・・私も(笑)




d0107204_22112388.jpg





娘たちの寝息が聞こえる時間、PCをたたいているうちに
一日泣き出しそうだった空からやっと雨粒が落ちてきました。
[PR]
# by luxeliving | 2013-06-28 00:00 | ある日
一歩ずつ


今年の発表会、なんと運動会と重なっての強行となりました。
でももちろんどちらも全力疾走。


d0107204_19212759.jpg



もちろん次への課題もしっかり見えてきました。
お友達に刺激をいただくこと、とてもいいことです。

いろんな事をいろんな形でプラスに変えてゆける・・・難しいことですが
いつまでも前向きにチャレンジしたいな、と思います。
[PR]
# by luxeliving | 2013-06-01 00:00 | 子どものこと
drink いろいろ・・・



いつもの友人とのテーブル、日によってはずいぶんと暑く感じられる日もあり、
目にも涼しくスタミナもビタミンも、と欲張って並べてみました。
友人お取寄せのドレッシングの合わせて、ゴロゴロ野菜のサラダを。
胡瓜もパプリカもエリンギやブロッコリーのゴロゴロ感に合わせた歯ざわりを楽しむサラダ。
これまた友人のこだわりで取り寄せたベーグル、中には柚子胡椒を効かせたローストチキンを。



d0107204_18314023.jpg




ビシソワーズと木苺のシロップ+炭酸水を合わせて涼を添えます。
喉を潤す冷たいドリンクがすすみました。
ローズヒップのシロップで割ったソーダ水とか・・・どこか女心をくすぐるドリンクは必須です。
最後の体を冷やさない紅茶は柚子風味。
和テイストの、緑茶に似た〆の紅茶でした^^
[PR]
# by luxeliving | 2013-05-30 00:00 | ある日
ワイングラス



大型連休中滞在した里からの帰路、お天気の良さに釣られ葡萄酒工房へ立ち寄って帰宅しました。
葡萄のモチーフが上品に飾られた立派な門扉をくぐると手入れの行き届いたお庭が広がります。
門から程近い場所にワインショップがありました。


お決まりのワイナリーではありますが、カフェの併設、醸造所、貯蔵庫、ぶどう畑・・・
豊かな杜の中に施設が点在して、見学コースを歩くのも緑の中を分け入る感じでとても楽しい。



d0107204_19224624.jpg




落ち着いたショップの中で並べられたワインのお味見。
ボトルと一緒にリーデルのグラスも夫と並んでセレクト。
改まらない雰囲気と、2個で3500円というリーズナブルな価格に店員さんとのお話も弾みました^^
[PR]
# by luxeliving | 2013-05-25 00:00 | おでかけ
初夏の街散策


GW後半、例年通り里で賑やかな楽しい時間を過ごしました。
いいお天気にも恵まれましたものね。
とある城下町へ兄の家族たちと散策に出掛けたりもして
初夏の陽気と美味しいものの食べ歩きを楽しみました。
いつも立ち寄る場所へもいつもの美味しいものを求め、街散策。



d0107204_18182273.jpg



人の多さにお目当てのモノが売り切れ?なんてことも心配しましたが、
落ち着くいつもの場所には、いつもの美味しいものが待っていてくれました。


ティータイムの場所はその時々の気分で選ぶのですが、
午後の、お茶の、いい時間となっていましたのでゆったり休息したいね、とTan's barを選びました。
外の若緑に反射する明るい光をグっと遮って、
音楽と一緒にソファにゆったり身を預けられるとても大好きな場所です。



d0107204_1819254.jpg




私はチーズケーキ、夫はPロール、娘たちはそれぞれパンナコッタとマカロンを。


このところずいぶん大人びてきた娘たち。
春から今までにも娘の成長に戸惑ったりすることがあったのですが、
選ぶ目線の変化にはなんだか同志のような、
甘いものを前に無邪気に喜んだりする様子にはまだまだといった子どもらしさを、
どちらにもそれぞれの嬉しさをじんわりと感じています。
[PR]
# by luxeliving | 2013-05-10 00:00 | おでかけ
BBQ



まずは、のミツバツツジが味気のない山の風景をピンク色に染めて春を告げ、
それから綺麗な若緑が山全体を覆い始めたあと、藤の花が大木に蔓を巻き薄紫の花を垂らす季節がやってきます。

藤の花に蜜を求めて蜂が飛ぶ、今まさに窓の外に広がる風景です。


お天気に恵まれたGW、行楽日和続きでしたよね!
前半はしっかりリズムのついた恒例のBBQ。
中庭に続く窓を開け放ち、冷蔵庫から直通のガーデンランチを家族で楽しみました。



d0107204_1851789.jpg




と言っても、あまりの気持ちよさに思いつきで始めたガーデンランチ。
ガーリックや豆板醤を効かせたチキンにお出汁の効いた焼きおにぎり・・・
箸休めにキッチンからはサラダを運びます。
数日前土を入れ替え、伸び伸びと泳ぐヒメダカの隣り、いい塩梅に焼けたおにぎりに山椒をのせました。


お出掛けの予定も組みつつノンアルコールビールで取り敢えず大人は乾杯!(笑)
玄関脇に咲くコデマリが満開です。
[PR]
# by luxeliving | 2013-05-01 00:00 | ある日
30秒のhandmade



フランスの手芸材料店の小箱の中、クオリティが高いだけでなく、その可愛らしさについつい長居をしてしまいます。
どれも個性的で、その組み合わせに想像をふくらませていると時間が経つのもあっという間。

ついつい他のお客さんの選ぶ籠に目を奪われたり、店員さんとの会話に耳を澄ませたり。

センスの光る小さな材料も実は組み合わせでグっと何倍増しに見えたり、その逆もあるんですよね。
そんなお話もお店の方と挟みつつ、結果実にシンプル、30秒のhandmadeに決めました。



d0107204_1739946.jpg




イヤリングのパーツの色は微妙な銅色。
その下には鶸色という日本の伝統色の名前にぴったりのパーツを。

鶸(ひわ)という鳥の羽のような色。


リビングダイニングの窓からも、オレンジ色のお腹が可愛らしいヤマガラの姿を見ることができるようになりました。
姿は見えないけれど鶯の鳴き声も山の芽吹きとともにその距離が近く感じられるように。



いよいよGWがスタートですね。
どうか鳥もさえずり甲斐のあるよいお天気に恵まれますように^^
[PR]
# by luxeliving | 2013-04-26 00:00 | handmade
クリスマスローズのブーケ


お庭に咲いたというクリスマスローズと綺麗な空色のムスカリを束ねて、友人が訪ねてくれました。
渡してくれた玄関先で我が家の庭先のものも摘み足して、テーブルに彩りを添えることとなりました。



d0107204_1849278.jpg




お昼には旬の鯛を株のスープに添えたものをメインに、バーニャカウダ、ニース風サラダを用意。
友人の手製、グリュイエールチーズたっぷりケーク・サレ、サフランライスとホタテのマスタードソースを加えます。
ブーケのごとく、ナチュラルで賑やかなテーブル。
この賑やかな食卓を綺麗に平らげる感覚が、気の合う理由の友人でもあります。(笑)


デザートにはブルーベリーたっぷりのソースを添えたレアチーズケーキでさっぱりと。
話題はいろいろな種まきのお話。
花咲く時期は数年後、数十年後というお話もまた楽しい^^

この日は我が家も彼女宅も夫が不在。
話の花には娘たちも混じって夕飯のテーブルへ雪崩込みました。
お夕飯は軽め(?)にチキンのロースト。
柚子胡椒のマヨネーズ和えでパンチを効かせて鶏ガラのミモザスープで箸休め・話題休め。
[PR]
# by luxeliving | 2013-04-16 00:00 | キッチン
魯山人展



新しい年度の始まり、今年は桜も早かったですね。
昨年と変わらず、通称「桜公園」と呼ばれる公園へ家族で出掛けました。
桜の型抜きの大一番!
今年も冷たさの残る風を感じながら、
朗らかな陽気にちょっと身を任せるのんびりとした昼食を摂りました。



d0107204_176577.jpg




先だって友人から「素敵だったから」とお勧めの展覧会へ足を運びました。
吉兆庵の所蔵、魯山人の器展。
まだまだ魯山人に至るには若い気がして、きちんと拝見させていただく機会がないのを理由に
縁遠かった私。
それはきっとほんの一部なのかもしれないのですが、
崇高な美意識触れる機会が本当に嬉しかった展覧会でした。
器の感動はこのところで言えば、一昨年末のお宿「無量塔」で味わった次の感動。
本当の「豊かさ」にちょっとだけ触れたようなじんわりとくるいい感動でした。
展示には魯山人の器でコーディネートされたテーブルもあって、
テーブルの上の静けさというか、落ち着きにしばらく足が止まりました。

銀彩の大皿に合わせられた吉兆庵のお菓子がとっても合っていて、
会場をあとにするとき同じお菓子を手に、
魯山人ではないけれど、ね。美意識とかテーブルの上の豊かさのお裾分けをいただくつもりで。



唐津の深皿に合わせたという鯛麺レシピ。
春を告げるようなメニューに想像するだけでお腹が鳴ったりして。
[PR]
# by luxeliving | 2013-04-13 00:00 | おでかけ
春旅


冷たい雨、暖かな春風、沈丁花の香り、夜風の冷たさ、芽吹きたての若葉・・・

日毎、時間毎に違った空気感が通り抜けていきつつも、
どれも期待感いっぱいの新鮮なものに満ちてきましたよね。


先週末、家族で夫が学生時代を過ごした街へ遊びに行ってきました。
夫はお世話になった教授の退官記念パーティーに出席するため。
私たちはその街歩きにと便乗の旅。

同じような理由で同じような旅は過去にもアリ。
ふらりと子連れで街歩きをしたり、美味しいものをいただいたりと
肩の力の抜けた感がちょうど良く、居心地の良いすごく素敵な街ですから、ね。
今回は充実したホテルライフも、と宿泊先を決めました。



d0107204_23165690.jpg



夜になると夫は一時不在になるため、私たちだけお買い物をしたりホテルの周辺を散策。
チューリップの小路も水辺のショーも娘たちの喜ぶありがたい立地。
軽い夕飯をホテルのクラブフロアで済ませました。
オーダーの手違いでシャンパンをいただき、そのついでに美味しいお酒のおつまみもたくさん頂いてしまいました。
に加え、「もちろん」のミニスイーツもお腹いっぱい。



d0107204_17431911.jpg




早めに抜け出てきた夫と合流し、少し遅めの夕飯?お夜食?に
お風呂を済ませた娘たちを連れ川辺の屋台へも出掛けました。
思いがけず満開の桜の木の下でラーメンをぺろり。
この旅一番の思い出となったお夜食です。




d0107204_17434857.jpg





翌朝は部屋を抜け出しフィットネスクラブへ。
早朝の室内プールでしたが、私の他にも体作りをするお客様がパラパラ。
と言っても、ここは心作りのための場でもあり、しっかり体を伸ばし、心を伸ばしリラックスしたホテルの朝。
上品なビュッフェの朝食がとても美味しかった。



春のリネン類の気に入ったものが手に入ったり、淡い色目のお洋服にもいい巡りあわせがありました。
春限定とあった桜味のお土産類にも手が伸び・・・
街歩きをめいいっぱい楽しんだ休日でした。
[PR]
# by luxeliving | 2013-04-01 00:00 | おでかけ
芽吹く


昨日の暴雨風から一変、2ヶ月先くらいの陽気を先取りした一日でした。
春の異動がいろいろと伝わる中、日々の仕事に締めくくりの準備にと気ぜわしい毎日。
切なさも少しの不安もいい意味でかき消してくれる新しさの始まりでもあります。

今日からちょっとカチッとした装いにベージュとピンクのジャケットを羽織って行っています。
先日お店で試着して一目ぼれしたジャケット。
ガラッとラフな日も活躍してくれそうですよね。
だけどエレガントにスポーティーを加えて崩す着方、結構好きです。
意外と休日にはクローゼットで眠っていたりして、ね。



d0107204_1724437.jpg





この春はベージュとピンク。
私の中、ではですけれど(笑)
別のアイテムを探してお店に入りますが、結局持って帰ることになるのは羽織りものばかり。
とは言えフューシャピンクは探していた綺麗色です。
上手く差し色にしたい春の投入アイテム。


庭木も一斉に芽吹き始めました。
日に日に開いていく若緑の新鮮な葉が何か力をくれる気がして、庭木を一回りするのは最近の朝の日課。
グンと上へ伸びる前の初々しい強さが羨ましくも励みにもなります。
[PR]
# by luxeliving | 2013-03-19 00:00 | my favorite・・・
ガラスの花瓶


日曜日の朝、出掛ける娘たちを送るため軽いドライブをした私。
軽くなった車を運転し、そろそろ我が家に辿り着こうかという時、
車のオーディオから管弦楽団の奏でるメンデルスゾーン「spring song」がひとつのエピソードと共に流れてきました。

角野栄子さんの名作「魔女の宅急便」の主人公、キキの奮闘のお話。
そんな中に、コンサートのために運ぶ楽器が届かないことから、
キキが遅れていた楽器の到着に一役買うというくだりがありました。
少しづつ街に馴染んでゆくキキが楽器を運ぶ道すがら、撫でる風が春を奏でたエピソード。

我が家にはすでに到着してしまってしまいましたが、
まさに春がそこまで、という晴れ晴れとした朝、ヴァイオリンの音色で聴く春の歌が心地よく、
エンジンを止めてからもしばらくオーディオのラインは繋いだまま耳を傾けていました。



d0107204_1427298.jpg




お休みの日には娘のお友達のピアノの発表会にも出掛けてきました。
同じクラスのお友達2人、お隣のクラスのお友達1人。
初めての発表会というお友達、数々のコンクールに出場する実力のお友達、と様々なのですが、
み~んなちょっと緊張の舞台をとっても楽しんでいました。
演奏が終わったあとの娘たちとの抱擁が賑やかで、見ていてなんだかとても微笑ましかった^^



何かが始まったり終わったり・・・区切りの季節がやって来る。
一番音楽が似合う季節だと思う。
[PR]
# by luxeliving | 2013-03-05 00:00 | ある日
3月のテーブルの記録


先日お気に入りのお花屋さんで素敵な花器を見つけました。
ベルギー製のハンドメイドなフラワーベースだとか。
ぽってりとした姿にガラスの気泡が愛らしく、何より惹かれたのがそのお色。
花瓶は土色だったりどの花の色とも馴染む白だったりとの思いで居たもの。
だけどその自然で控えめな桜色はどの花色とも相性の良い色!となんの迷いもなく
・・・一目惚れの花器でした。


しばらくはオブジェとして佇む姿を楽しんだあと、ネコヤナギやチューリップなど「まずは」のフューシャピンクと合わせました。
華を添えると、途端にその存在感は脇役に徹します。
その独特の爽やかさと優しさとは長いお付き合いになりそう。
最近の嬉しい出会いとなりました。



d0107204_23541987.jpg




日一日と春めいてきた先日、友人と囲むテーブルに野菜のテリーヌを作って迎えました。
ウニのパスタを作ってくれるというのでこの度はにわかフレンチ。

ひき肉とポテトを重ねて焼いたプチ・アッシェ・パルマンティエは、懐かしい感じのいいお味に仕上がりました。
小さくまとめて可愛らしく焼き上げると食べやすく、添えのひと皿にちょうど良い前菜2号。
ウニのパスタには友人が大好きだというブルーチーズを添えます。
デザートに焼いてくれたクレープはフルーツを中にいっぱい忍ばせています。
私もパイ生地に林檎とグリュイエルチーズを乗せて焼いた簡単デザートをプラスで投入。

お雛様を前に、テーブルから春をお先にいただきつつ賑やかな女子の会を楽しみました。
[PR]
# by luxeliving | 2013-03-01 00:00 | キッチン
love songでディナーを


「Love Songでディナーを楽しむ」
今年のヴァレンタインデーも家族で音楽を聴きながらの食事を楽しみに出掛けました。

娘たちの楽器の先生が弾いてくださるビュッフェフロア、今年もどうやら大盛況の模様。
私のお目当てはもちろん先生の奏でる音色。
に加え、春待ちメニューの数々。(←ここもかなりのウエート^^)
菜の花とマスカルポーネチーズのピッツァ、ズワイガニと野菜の塩炒麺、ほうれん草や甘海老たっぷりのサラダ・・・
チョコレートフォンンデュにイチゴソースのミルクプリン、ベリーのタルトなどなど。



d0107204_11494625.jpg




嬉しいのはチャイニーズにグリルお料理、パスタ&ピッツァ・・とジャンルの広さとどれもハズレなしの美味なディナーということ。


この度のお席、やはり先生のお知り合いが多かったそう。
各テーブルを回られた最後、私たちもご挨拶してテーブルを後にしようというとき、
ご近所のテーブルの年配のご夫婦ご家族方とも演奏がご縁で雑談しました。
「お弟子さんたちなんですよ。」先生から紹介していただくと
「まぁ!いつもこんな楽しいレッスン受けられているの?」と。
娘たちの二つ返事がまたその場をまた笑い声で楽しく和やかにしました^^


先生には娘たちから愛?を込めてショコラケークを。
ヴァレンタインという力を借りて、今年もチョコレートと音楽と季節のお料理をいただいた楽しいディナーでした。
[PR]
# by luxeliving | 2013-02-22 00:00 | おでかけ
お茶の時間


集まった急須の数々。
お茶好きが高じての数です。
骨董でもなんでもない急須たちですが、どれも心を掴んで離さなかったから我が食器棚に佇んでいるもの。

シンプルで線の太いティーマのポット、母から譲ってもらった砥部焼の素朴なポット。
白と灰が美しい花岡さんのポットに、細かなイメージを伝え作っていただいた村上躍さんの黒。

節目の年に旅した無量塔でご縁のあった城さんの鉄絵のポット
ドゥーセーのアウトレットに残っていた使いやすくシンプルな急須。
弟の結婚式の引き出物、南部鉄器の急須。
アローズの雑貨コーナーにセレクトされていた鳥獣戯画の急須。



d0107204_22221824.jpg




紅茶はその時々で選んで飲むのが好き。
雨の日にはさっぱりとストレート、肌寒い日には濃いミルクティー、美味しい洋菓子とフレーバードティ、など。
だけど焙じ茶はこれでなくちゃと決めているお茶。
今日はどのポットで?というのがこのお茶に合わせる楽しみでもあるかナ。


春へ歩を進めたような陽気に、庭のマンサクも背伸びを始め、線香花火のような愛らしい姿を見せています。
最近の楽しみは玉川堂の銅のやかんで沸かすお茶。
月兎の知らせる「湧きました!」のサインも素朴ないい音なんですが、
銅のやかんがOK!と教えてくれるシュンシュンと湯の沸く音、淹れる前から本当に美味しそう^^


この日はデメルのショコラを独り占めで・・・いただきます!
[PR]
# by luxeliving | 2013-02-18 00:00 | my favorite・・・


風邪の嵐、我が家も例に洩れず吹き荒れています。

リレンザには(我が家はリレンザ派です。)2回、抗生剤のお世話にもなりました。
誰が何回どの型に・・・なんて敢えて申しませんが、
私はいつになく元気で、嵐の渦中に居れど野太く看病の側にいます。

母が寝ていてはおウチが回りませんものね。
私もいよいよ逞しくなってまいりました・笑



d0107204_22298100.jpg




先日嵐がおさまりを見せ、凪ぐ様子を見計らい友人を訪ねました。

ビビンバを振舞ってくれるというのに合わせ、私は蔘鷄湯(サムゲタン)を持参。
こちらは市販のスープ煮込みに青物を加えただけのものでしたので、手製のデザートをプラスします。
定番「栗のフォンダン」です。
勢いよく芽を出す鉢から寒色を束ね、こちらも手土産に。

ビビンバは随分作り食べ慣れている彼女流。
実は卵はジュウジュウとコンロの上で焼締めているうちにビビンバ鍋の底で美味しく仕上がっています。
ご飯のおこげとナムルの酸味、コチュジャンの甘辛が絶妙でした。
蔘鷄湯もたっぷり取り分けて、その晩は心なしかお肌がプルプル・・・?


確かに私は風邪なんて引いてる場合じゃない??




栄養とスタミナはこんなところからも^^
[PR]
# by luxeliving | 2013-02-15 00:00 | ある日
寒色


一年で一番寒さが厳しい季節。
とはいいつつ冬物もひと段落して、そろそろ春色も恋しい。



d0107204_2361725.jpg




街で目を惹くのはパステル色。
ウインドウのキレイ色に導かれて、気付けば店員さんとお話してしまっています・笑


でもね、まだまだ手に取るのは春待ちの鮮やかな寒色。
[PR]
# by luxeliving | 2013-01-30 00:00
瓶の並ぶテーブル



年の瀬の旅から帰ると楽しみは瓶を開けること。
この数年で恒例となった楽しみでもあります。

常時揃えているはずのお茶の葉の買い物をしっかりそのショッピングの理由にもしているし・笑
そろそろかな、と茶筒の底が見えそうな様子も里を訪ねる頃が近付くと、ちょっとした楽しみにもなってきます。


まっすぐ向かうお茶の陳列棚の次は、美味しいもの探しの嗅覚が冴えます。




d0107204_17322917.jpg




瓶だから開けてしまうまでにはしっかり猶予期間があるというのに、
特に休日のゆるりとした朝のテーブルでは、仕事が再開したばかりの体の違和感解消とばかり
ほぼ全部の瓶が開けられます。



様々の瓶の点数もついて・・・さて、次回は何をかごに入れよう。
[PR]
# by luxeliving | 2013-01-14 00:00 | キッチン
新年あけましておめでとうございます



そろそろ鏡開きの日を迎えようとする頃になってしまいましたが、
やっとご挨拶することができました。

流れる「時」は今年もその歩みを緩めるとも早めるともなく、
新たな時間を刻み始めました。

穏やかに着実に。
今年はそんな年にしたいな、と思っています。


気まぐれなブログではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



d0107204_2214067.jpg




皆さんも賑やかな新年を迎えられましたことと思います。
我が家も例年通り、夫と私の里巡りの旅路を辿った年越し。
ご馳走ばかり食べていた旅路でもあります。


d0107204_22141436.jpg




夫も子どもの頃、父母らに連れて来られ頂いてた極上旅館の山里メニューです。
夏のメニューと変わって出てきたのは蕪のスープに鴨のつみれ鍋、林檎のコンポート。
椎茸の炭火焼に鯉の洗いは、娘たちにとってすでに馴染みのメニューのよう。

つみれ鍋に効いた柚子こしょう、蕪の優しい味・・・とっても美味しかった。


お節に添える品をキッチンで並んで作る里の暮れ。
お取寄せのご馳走。
どちらの里でも総勢約10人で囲む賑やかな朝食・昼食・夕食。
今年も私にとっていつもの風景となりつつあるお正月からスタートできました。


今年も穏やかないい年となりますように。
皆様にとってもより良き年となりますように。
[PR]
# by luxeliving | 2013-01-10 00:00 | ごあいさつ
クリスマスのテーブル


イブが連休の最終日と重なりましたね。
クリスマスのテーブルに、と食材はパンもチキンもシャンパンも揃ういつものお店へと出掛けました。
サンタさんへと娘たちの部屋の小さなテーブルには、
娘たち手製のクッキーをグラスワインと一緒に用意。



d0107204_17131943.jpg




翌日次女曰く、サンタさんが無事に窓から出てゆく姿を薄目で見届けたそう^^
娘たちの夢を信じる力、素直で純粋な子どもの力をとても心強く感じました。
私たちも、そんな純粋な思いを娘たちの中にずっと育ててあげられる優しい大人でいなくちゃ、そう改めて感じた年の瀬。
[PR]
# by luxeliving | 2012-12-25 00:00 | ある日
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp