5分のhandmade


ジュエリーボックスに何十年も眠り続けていた母の小さなブローチが眠りに覚めた秋のある日、
私のブローチ集めがスタートしました。


世界がギュッと1点に詰まっているところにとても惹かれます。
目線がグッと上にあがるのも好き。
だからあまり大きすぎるのは苦手です。
と言っても、シチュエーションや合わせたい洋服を考えると集まるのは様々。


母が若いころ持っていたものは小さなカフスにも似た小さな螺鈿のようなブローチ。
真珠貝の持つ奥行きのある光沢感が絶妙な大きさと形でシンプルに輝くところが、古さゆえのいい味を醸し出していました。


d0107204_18224575.jpg



次に求めたのはデパートのブティックでキラキラ輝いていた華やかなフラワービジュー。
素敵な色が揃っているばっかりにすいぶんと迷って、お店のお洋服にいろいろ合わせさせていただき決めたのですが、
結局大好きなグリーンに。

黒のコクーンワンピースのタックを取っている胸の部分にはタックのラインに沿う大きめのブローチを。


先日アクセサリーショップでプチプライスの素敵なピアスを見つけました。
パッと目にしたときからイメージはブローチ(笑)
早速後ろのカンを取ってピンを取り付けました。
ネイビー×ネイビー。
厚めウールのぺプラムプルオーバーにとてもよく合います。
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-11 00:00 | my favorite・・・
今年もマメに


年の瀬には市場を訪ねました。
縁起物のお魚などは里での用意があるので、
年迎えの準備に沸く空気に触れることを楽しみながらボリュームたっぷりの海の幸を堪能。


d0107204_22452668.jpg


暮れには黒豆を準備。
お鍋いっぱいに2度炊いた黒豆は瓶何本にも詰め、夫の里・私の里へそれぞれ持参しました。
我が家にも少し残した分・・6日を過ぎると瓶の底が見え始めました。


d0107204_2245382.jpg



今日は七草もお粥に混ぜていただき、今年もマメに健康に・・・1年の無病息災の願いました。
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-07 00:00 | キッチン
新年あけましておめでとうございます


雪の華で彩られた新しい年の幕開けでした。


皆さんは年頭にあたり、どのような誓いを立てられましたか?

夜明けの向こうの空にはいつも新しい明日があります。
花の美しさも摘むことによって衣に香りが満たされるという中唐の詩に背中を押され、
私も今年は行動力を抱負に。


d0107204_17301613.jpg




皆様にとって本年も健やかに、そして佳き一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願い致します。



2015年元旦
[PR]
# by luxeliving | 2015-01-03 00:00 | ある日
良いお年を・・・



玄関の扉横のスリットのフィックス窓から見える場所に新しい年を迎える準備をしました。
リトグラフの額縁を、金銀の水引のリースに掛け替えおめでたいお正月用のお客様迎え。



d0107204_015353.jpg




今年も気まぐれな徒然に優しくお付き合いをいただきありがとうございました。
こんな年になっても落ち込むことは度々。
それでもここが心落ち着く居心地の良い場所であることは言うまでもありません。
時に整理整頓の場所にもなることももちろん。


来年も変わらずお見守り、お付き合いいただけると嬉しいです。
皆様も良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by luxeliving | 2014-12-28 00:00 | ごあいさつ
クリスマスの前の夜



「サンタさんって本当にいるの??」
上の娘はちょうどそんな疑問を投げかけてくる年頃。

目に見えないものを、目に見えないからという理由で信じないなんてちょっと残念。
大人の階段上る年頃ですし半信半疑なところは敢えてそっとしておいて、
でも「信じたい」という気持ちには応えたい。


d0107204_2334058.jpg



だからプレゼント選びはちょっと頑張りました・笑
もちろん調子に乗ったモノ選びには親として「ノー」の意思表示。
我が家のルールは守りながら、
イブに書いたサンタさん宛のお手紙通りのプレゼントがクリスマスの朝、ツリーの下に届きました。


もう少しだけ。
目前には見えない夢を信じること、
人と人との間が目に見えないもので繋がっていること、
そしてそれが年を取っても大切だということ、
どれも大事に育てていってほしいと願うから、
もう少しだけ。
[PR]
# by luxeliving | 2014-12-25 00:00 | ある日
静寂


師走に入るなりカレンダーに記した予定に追われている方も多いはず。
そこに年の瀬のご挨拶がてら友人たちとの食事会が連日ということも。


オフィシャルな忘年会はイタリアンのコースでした。
契約農家から仕入れるという無農薬野菜オンパレードの一番星はバーニャカウダ。
もちろん美味しいお酒付き。

お友達とはやっぱりランチを中心に約束をしていますが、
昨日は洋風家庭料理屋さん、本日はオーガニックな和食のお店、明日は叙々苑の焼き肉ランチ・・・
よくよく考えれば、年末に連日違うお友達と約束ができるのは幸せなことでもあります。

そんなところに急な寒波の襲来です。
慌ててダウンコートをお店に見に行ったくらい。
・・・ドサクサに紛れて衣装を増やしてしまおうとショップに立ち寄るくらいだから、
急な雪景色や相次ぐ交通遮断にもめげない、意外に余裕の対応だったのかもしれません(笑)


d0107204_1838167.jpg



朝、すっかり雪に覆われた中庭。
静寂に包まれる時間も、気忙しい年の瀬だからこそありがたい時間。
この辺りでは珍しい吹雪の光景に、もうしばらく続くだろうという妙な安心感もどこかあり。
[PR]
# by luxeliving | 2014-12-18 00:00 | ある日
chocolate ornament


遊びに来てくれたお友達が持参し、ツリーに掛けてくれたオーナメント。


d0107204_18372215.jpg



お茶を淹れひととき、ひとりでゆっくりとね、と。

クリスマスがやってくる前にはもちろん跡形もなく無くなってしまいましたが、
私に一足早く訪れたサンタさんからのプレゼント・・・です。


Thanks!
[PR]
# by luxeliving | 2014-12-08 00:00 | Thanks!
count down




昨年またひとつ加えたクリスマスを待つお気に入り。


d0107204_2185333.jpg



数字を上に下に捜すのが楽しい木製のアドベントカレンダー。
アタリは今年もサンタさんチョコです^^
[PR]
# by luxeliving | 2014-11-29 00:00 | my favorite・・・
鄙の暮らしの豊かな風景



鉱山の歴史と調和した小さな町が文化的な遺跡として認定された場所へ・・・
世界遺産として登録された山あいの町を家族で訪ねました。

d0107204_19175970.jpg


訪ねることを楽しみにしていた素敵なお庭のカフェ、鄙の暮らしと共にあるお店
季節を取り込んで豊かな緑と一体にある暮らしは、私の中の理想です。

敢えて連続で更新する我が家の中庭の風景を写したものと同じフレーム。
我が家のお庭と間違ってくださると嬉しい、くらいの勢いです(笑)



d0107204_20412547.jpg



歴史とそこに生きた人々の息遣いを感じつつ街並みを歩きました。
道すがらお団子やお蕎麦も口にいれつつ・・・^^

街並みを往復し、鉱山の跡を辿ったのちに再び先ほどのカフェへ。
つるべ落としとはよく言ったもので、お日様に追いかけられるように日の暮れたお店に戻ったのですが、
陽射しの引きとともに訪れる人々の足も引き、満席だった昼下がりの店内とは打って変わって貸し切り状態のカフェ。
陽の差し込み具合も先ほどとは違い、落ち着いた風景へと変わっていました。



d0107204_21104381.jpg




私と夫はチャイとコーヒー、娘たちはお酢入りのブルーベリーヨーグルトをそれぞれいただきました。
見上げるとガラスのサンテラスの上には紅葉の落ち葉。
やかんの乗った石油ストーブにこれからやって来る冬の深さを想像したり。



d0107204_21235741.jpg




美味しいものの瓶詰も、極上の手触りだったオーガニックのお布団も、銀のお匙も、と
手に取るのがどれも楽しいマーケットもあり、
モノ選びの目線の優しい視線を感じつつ、私の下げるお買い物カゴにもひとつ、またひとつとお持ち帰りの瓶モノが加わりました。


d0107204_21374616.jpg

[PR]
# by luxeliving | 2014-11-26 00:00 | おでかけ
秋盛る


中庭の秋も盛りを迎えました。
爽やかな朝、ゆっくり摂った朝食の後、窓を大きく開けて紅葉狩り。
上から順に染めていく深紅はいよいよ下に広げる葉まで届こうとしています。


d0107204_181652100.jpg



先週末の同じ時間、秋の祭りで法被を着た子どもたちの声が
お庭の向こうの道をとても賑やかにしてくれていました。
亥の子のお祭りの日に暖をとるための冬支度をすると、火事にならないという言い伝えもあるそう。
季節をなぞる暮らしは遊び心もありつつ、理に適っていてそれで新鮮。

我が家はいつだったか寒々しい朝、床暖房のボタンをピッ・・・・少々フライング気味でしたけれど(笑)


温もりが嬉しい季節になりました。
[PR]
# by luxeliving | 2014-11-20 00:00 | ある日
カテゴリ
ごあいさつ
キッチン
ある日
Thanks!
おかいもの
handmade
子どものこと
おでかけ
my favorite・・・

以前の記事
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

おたよりはこちらにどうぞ♪
luxeliving@excite.co.jp



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル
住まいとくらし
日々の出来事

画像一覧